FC2ブログ

Cheering 〜moving on!〜 14

2016.09.02 23:56|Cheering 〜moving on!〜










Y side












『ユノ君、落ちついて聞いて…

ボングンが事故にあって意識不明の重体で…

今検査してるんだけど…っ…どうしよう…

ユノ君、今すぐこっちに帰って来られる?

もしかしたら…ボングンが…うっ…ううっ…』








親父が事故ったらしい…


『落ちついて聞いて』…なんて、ドンジュおじさんにそのまま返してやりたかった…


あまりの取り乱しように何の事故でどんな状況なのかも聞けないまま、とにかくすぐに向かうからとだけ言って電話を切った…


聞けなかった…じゃないな。ドンジュおじさんのあの様子じゃもしかしたら…と思って怖くて聞かなかったのが本音…


絶望的な状況だとしたら、まだ心の準備できてない…


すぐに家に帰るとパスポートだけ持ってチャンミンと空港へ向かった。


ボンヤリしてる俺に代ってテキパキと搭乗手続きをしたり、帰国の段取りをこなしてくれる…


いつもはポヤポヤしているチャンミンだけど、いざという時はそつなくこなすんだよな。


そしてずっと飛行機の中で手を繋いでくれた。


すっかりチャンミンに甘えて。なんか…まるで俺、子供みたいだな…


よく親父がドンジュおじさんの前では子供みたいに甘えまくっていつも世話をやかせてて、おっさんの癖にみっともないなんて思ってたけど、甘えられる相手がいるってこんなにも幸せなことなんだな…







「ユノ…大丈夫?もうすぐ病院だからね?」






「ああ…」







空港からタクシーに乗って病院へ向かっていた。


病院に近くと、更に不安になっていく…


あんな元気だけが取り柄みたいなガサツな親父が死ぬとか…考えたこともなかった…


不規則な仕事だし、家事も全くできないからほとんどドンジュおじさんが育ててくれたようなもので父親らしいことなんてしてもらった記憶はないけど、


あんな親父でも…俺にとっては大事な親父なんだな…







「チャンミン…もしさ…

もし…親父が死んだら…俺…」






「ユノ…大丈夫。僕がいるからね?

ずっとずっと一生…一緒にいるから…うっ…う…」






「何でお前が泣くんだよ…」






「だって…ユノが…泣かないからっ…」






「意味わかんねーよ…」







チャンミンはタクシーの中でもずっと手を握っててくれた…


そうだよ…俺にはチャンミンがいるんだ。


そう思うと少し気持ちが落ちついた…



病院に着いてナースステーションに立ち寄ると…







「私…ボングンさんのファンだったのに…」






「私もよ…本当に残念ね…」







そんな声が聞こえて、やっぱり駄目だったか…とショックだった…


立ち止まって動けない俺の手を握りしめて…







「ユノ…行こう…」






そう言って俺の手を引いてナースステーションで教えてもらった親父のいる608号室へと向かった…


そして…608号室の前…


チャンミンがそっと俺の肩を抱いてくれた。


いつもは可愛いチャンミンだけど、今日のチャンミンは頼もしくてかっこいいな…なんてこんな時でもチャンミンのことを考える自分がおかしかった…


うん。覚悟は出来た。


これからはチャンミンと2人で生きていくから安心して天国へ旅立ってくれ…


そっとドアを開けてチャンミンと2人中に入ると…








「親父…」







「よお。」







「よお…じゃねーよ!」







そこには病院のベッドでドンジュおじさんを組み敷いている頭に包帯を巻いたバカ親父の姿があった…














C side











「チャンミン…ごめんね…」







「もういいって…」







ユノが病院でしばらくボングンおじさんと2人で話したいからと、僕とお父さんで先に家に帰ってきた。


お父さんが取り乱し過ぎてちゃんと現状を伝えなかったせいでユノがどれだけ心配してここまできたかを説明すると、それからずっと謝り通しだ…


お父さんはダイニングテーブルにコーヒーを2つ置くと僕の向かいに座った。






「僕はいいけどさ…後でユノが帰ってきたら謝ってね?」






「はい…」







「でも、本当に無事で良かった…」






今日の朝、野球選手の取材で練習場に行った時に誤ってピッチャーが本気で投げた硬球がボングンおじさんの頭に当たったらしい…


ピッチャーの本気の豪速球が頭に当たって倒れて意識がないときいて、意識不明の重体だと思ったらしい。


それで亡くなる人もいると周りの人に言われてもう駄目かもって思ったと…


大事な人がそんな状態になれば取り乱すのもわからなくはないけど…


結局はヘルメットをかぶっていたらしく大事に至らず、僕たちが到着する1時間前くらいに意識が戻ったそうで…


全く…人騒がせな…


その上…あんな姿見ちゃったし…


やっぱり…今でもラブラブなんだな…







「チャンミン…あのさ…えっと…さっきのあれはね…じゃれてたっていうか…ボングンがふざけて…」






バツが悪そうにさっきのことごまかそうとしてる…


まだバレてないって思ってたんだ…






「知ってるよ。お父さんとボングンおじさんのこと。」






「えっ…知ってるって?ななな何を…かな?」






「前にお父さんとおじさんがキスしてるの見たことあるし。

2人は恋人同士なんでしょ?それ、ユノも知ってるから。

もう隠さなくてもいいよ。」







「えっ…えっ?いつから知ってたの?」







「僕は中3だけどユノはもっと前からだって。」







「そ…そうだったんだ……」







お父さんは『はぁ…』っと深いため息をついて…







「チャンミン…ごめんね…

嫌…だったでしょ?…

親が…その…男同士で恋人とか…」







「うん…初めはね…やだなって思ったよ。

でも…今は…僕も同じだから…」







「同じって?…まさか…チャンミン!?」







「うん…ユノと…恋人同士になったんだ…」







「ユノ君と!?えっ…あっそう…そうなんだ…ユノ君と…恋人…

って、いつから?」






「中3の時、ユノが留学する前に告白されて両想いになったんだ…

あっ…でも、ちゃんと恋人になったのは最近で…」






って、そんな説明いらなかった!!


顔が一気にボッと火がついたみたいに熱い…







「そうか…ユノ君か…

昔からお互い大好きだったもんね…

うんうん。ユノ君なら安心だ…

良かったね、チャンミン。」







「えっ…お父さん?それだけ?」







「それだけって?」







「だって…会社や家のためには結婚しないと困るんじゃないの?

現に僕にはお見合いの話も来てたんでしょ?」







「あれ?チャンミン、お見合いしたかったの?」







「したくないよっ!そう言う意味じゃなくてっ…

普通跡取り問題とかでこういう時揉めるもんじゃないの?

会社関係の令嬢じゃないどころか、ユノは男だから僕には子供もできないんだよ?

お父さんはそれでいいの?」







「チャンミン…やっぱりお父さんの子だな…」







「へっ?」







「ぐるぐる余計なこと考えちゃったんでしょ?」







「余計なことって…

だって…大事なことだし…

僕の好き勝手に決めるなんて…いいのかなって…

お父さんにも悪くって…

だって、孫の顔が見られないんだよ?

会社だって…

何でそんなにアッサリと認めちゃうの?」







「ん…それはね…

チャンミンにはお父さんのようなあんな思いはさせたくないからね…」







「お父さんのようなって…何?」








「うん…昔ね…」








それから…コーヒーが冷めるくらい長い長いお父さんの片思いの話が始まった…

















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

Cheering 〜moving on!〜 13

2016.09.02 00:42|Cheering 〜moving on!〜
※ R18な表現があります。苦手な方はご遠慮下さい。








C side










痛い…痛い…痛いよ…


痛くしないなんて…嘘ばっかり…


ユノのあんなおっきいのが入って痛くないわけないじゃないかっ…







「全部入ったぞ。」







「うっ…ばか…ユノのばかっ…痛いよっ…」







「泣くなよチャンミン…

好きだよ…めちゃくちゃ好きだからな?」







「嫌いだ…ユノなんか嫌い…」







「これでチャンミンは俺のもんだろ?

やっと完全な恋人になった…そうだろ?」







「うっ…っ…もう別れる…

恋人なんてやめっ…んんっ…」







ぎゅっと抱きしめられて唇を塞がれた…


いつも以上に優しくて甘いキスだ…


僕はユノのキスに弱い…だって僕を本気で愛してくれてるって伝わってくるから…


別れる…なんて言ったけど、本当はそんなつもりは全然なくて…


ただユノに甘えたかっただけ…


繋がったことで僕はユノのものになって、ユノも僕のものになった…


単純だけど、凄く安心したんだ…


さっきまで感じていた罪悪感も、恐怖も、一体何だったんだ?…ってほどなくなっていた…


壁を超えた…と言うんだろうか?後戻りできないところに来て逆に腹を括った…そんな感じかな?


ちょっとハイになってるのもあるのかもしれない…


だって…さっきまで今まで体験したことがないくらい気持ちよくて…


怖い怖いとばかり思っていたのに、中があんなに…気持ちいいなんて知らなかった…


今は痛くてツライけど…これもさっきみたいに段々と気持ちよくなるのかな?






「バカとか嫌いはいいけどさ、別れるとか…冗談でも言うなよ?

それとも本気か?」






「ごめん…だってユノが痛くしないって言ったのにっ…」






「それは…

…愛してるからさ、許して?」






「そんな言い方、ズルいよっ!」







「お詫びにさ…もっとよくしてやるからな?」







「えっ…やっ…まだ痛いっ…ああっ…」







お詫びにとか言っといて、痛いって言ってるのに動くなんて酷……


……ん?…あれ?


まだ痛いのにって思ってたのに意外と平気かも…


痛いというより熱くてジンジンしてる感覚…


気持ちいい…には程遠いけど、我慢できない痛みでもない…







「はぁっ…チャンミンの中…すげぇ…

めちゃくちゃ気持ちいっ…」







口を半開きにして気持ち良さそうに目を細めてる…


そんなにイイ?


こんなユノのいやらしい顔…初めて見たかも…


いつも僕にいやらしいことばっかり言ったりしたりするけど、考えてみたらしてもらってばっかりでしてあげたことなかったから…


ずっと我慢させちゃってたんだ…







「ユノ…っ…」







「うっ…はぁっ…なんだよっ…」







「もっと…好きにしていいよ…」








「ばかやろっ…

せっかく…抑えてんのに煽んなっ!」






そう言うといきなりグッと奥まで押し込まれ、パンパンと激しく打ち付けられた…






「ああっ…そんな激しっ…やっ…むりっ…」







「好きにしていいんだろっ…」






言ったよ…確かに言ったけど…


こんな激しくするなんて思ってなかったしっ…






「ああっ…こ…壊れちゃうっ…」






「だからっ…煽るなって言ってんだろ?」






どこをどう煽ってるのかわからないし…


もう激しすぎてあそこのジンジンが強くなって、段々とそれが快感に変わってきた…


なっ何この感覚…っ…







「あっ…ああっ…」







「気持ちよくなってきたか?」







そう言って少しスピードを落とすと、今度は浅く出し入れしてさっきユノが指でグリグリしていた部分に当ててくる…



当たるたびに気持ちよくてぶるぶるっと身体が痙攣する…







「やっ…あっ…やっ…ユッ…ユノッ…」







「ここがいいのか?

ほらっ…こっちも元気になってんぞ?」






ユノはいい所を突きながらいつの間にか立ち上がっていた僕のを掴んで激しく抜き出した…






「だっだめっ…両方っ…」







「何でだよ…気持ちいいだろ?」







「よ…よすぎて…死んじゃうっ…」







「ったく…お前は可愛すぎなんだよっ…

大丈夫。天国にイク時も一緒だからな?」







それっ…ダジャレ??


下品過ぎて笑えないよっ…


って…突っ込めないくらい気持ちいい…







「ユノッ…ユノユノッ…」







「イキそうか?

俺も…もう持たねぇ…」







掴んでいたそれを離すと僕に覆い被さるように深く奥を突かれた。


僕の脚をユノの肩に掛けたままだから身体は丸まって両膝が顔のすぐ横にある…


ちょっと辛い体勢だけどそんなこともうどうでもいいくらい気持ちいい…






「んんっ…ああっ…深っ……あああっ…」







「チャンミンッ…チャミッ…あぁっ…イクぞ?








そのまま激しく深く打ち付けられて、最後は強く抱き合うように2人で天国にイッ てしまった…














その後…すぐに意識が落ちてしまったようで、そのまま眠ってしまったみたいだ…


目が覚めたら部屋はもう明るくて太陽の光もしっかり射している…


時計を見たらもう9時過ぎ…


裸のままユノに抱かれて眠っていたみたい…


身体を少し動かすと腰に重苦しい痛みがあった。


ユノを受け入れた場所も、まだ何か挟まっているような変な違和感が残ってる…


ああ…とうとうユノと…


昨日のことを思い出して顔がカッと熱くなった…


あんなこともこんなこともしちゃって恥ずかしい…


でも…ホントに気持ちよかった…


気持ちいいだけじゃなくて、ユノともっと近づいたみたいで嬉しい…


横に寝ているユノの唇をプニプニと触った…


繋がっただけなのにその前よりも愛しさが増している…


好き…ユノが好きだ…


堪らず寝ているユノの唇にそっとキスをした。






「ユノ…好き…」






あっ…心の声が漏れちゃった…







「なぁ…それ、誘ってんの?」







パチッとユノが目を開けた…







「起きてたの?」







「チャンミンのキスで目覚めた。

毎日一緒に寝てるのに、キスで起こされたのはじめてだな…

昨日…そんなによかったか?」







「バカッ!////」







手でユノの顔をぐっと押しやった。







「バカでいいからさ…

しよっか?」







「はぁ?無理無理無理無理!

もう腰もお尻もおかしくなってるしっ!

絶対、絶対に無理だからね?」







「まっ…そうだろうな…

わかったよ…やんないって。

お尻大丈夫か?俺が見てやろうか?」







「見せるわけないでしょ!」







「なんだよ〜昨日はあんなに見せてくれたのっ…うっ…」






ユノの顔を枕でぎゅっと潰した。



息くるしそうにジタバタ…



もちろん手加減してるからすぐに枕は取り上げられて…







「ひでーな…チャンミン…

そんな悪い子はお仕置きだな…」







そう言うと一瞬で僕の上に馬乗りになって両手を頭の上にまとめられて羽交い締め…


こうなったらスポーツ選手に僕が勝てる訳がない…







「んっ…」







朝から濃厚なキス…


僕のお腹にはユノの固いものがぎゅうぎゅう押し付けられて…


しないって言ったの忘れてないよね?






「ぷはっ…」






濃厚なキスが終わったと思ったら…







「ちょっ…ユノッ…」







胸の突起をチューチューと吸い出した…






「さっきしないって言ったっ!…あっ…」






「しないよ…ちょっとした朝ごはん。」






「朝ごはんじゃないよっ!もうっ!

いくら吸っても何も出ないし!」






なんて、じゃれあってる時…







♪〜♪〜♪〜






「ユノの携帯鳴ってるよ?」






「いいって…無視無視…」







しばらくして呼び出し音が鳴り止んだと思ったら、今度は僕の携帯が鳴り出した…


あっ…この着メロはお父さんだ…


一瞬ドキッとした。


ユノとこうしていることがバレたんじゃないかって…

そんなことあるわけないよね?







「ユノッ…どいて。

お父さんから電話だからっ!」







「え〜〜後でかけ直せよ。」







「ダメッ!出なきゃ。」






「しょーがねーな…」







ユノが渋々僕の上からどいてくれたと思ったら、怠くて動きづらそうな僕に代わってソファーの上に置いてあった携帯電話を取ってきてくれた。






「もしもし?お父さん?」







『チャンミン、今ユノ君と一緒だよね?』







「う…うん…いるけど…どうしたの?」







『ちょっと代わって!』







聞いたことないような慌てた声…


一体どうしたんだろう…


不安になりながらもユノに電話を渡した…







「えっ?俺?何?」








「わからない…代わってって…」








「あ…もしもし?おじさん?

……えっ?…………あ…うん大丈夫……うん…

わかった…すぐに行くよ…」







真剣な顔で話をしているユノを見て緊張が走る…


電話が終わるとそのまましばらく座ったまま動かない…







「ユノ?」







「あ…チャンミン、帰るぞ。

シャワー浴びなきゃな…立てるか?」






そう言って立ち上がるとベッドに座っていた僕の腕を掴んだ。






「どうしたの?お父さん、何だって?」






「あ…

親父が事故った…すぐに病院に来いって…」







「えっ…ボングンおじさんが?

何で…」






驚いてベッドから急に立ち上がろうとしてふらついた僕をユノがぎゅっと抱きしめた…






「あっ…ゴメン…」






そう言って離れようとしたらもっとぎゅっと抱きしめられて…






「チャンミンも一緒に来てくれるか?」






ユノの不安そうな声に泣きそうになった…







「うん…行く…行くから。

ずっとユノの側にいるよ?」







そう言ってユノを強く抱きしめた…

















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
124位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR