FC2ブログ

君のいない夜 〜欠けた心 4〜












Y side










「グクデッ!!お前何やってんだよ!

早くチャンミンを離せよっ!」







グクデはチャンミンの右足を引っ張りながらガッチリと両腕で抱え込み、互いの脚と脚を絡めてホールドしている…


あいつの足先はチャンミンの股に挟まり、掴まれたチャンミンの右脚もグクデの股に密着している…


何だこれは…何やってんだ?


チャンミンの大事なところに足なんか突っ込んで!!ふざけんなっ!!


カッと頭に血が上りグクデの肩をグイッ掴み2人を離そうとした…







「やっ!!やめて!ユノっ!痛いっ!余計に締まっちゃうっ!」







チャンミンの痛そうな叫びに思わず手を離した…


グクデはぼくの怒りにもお構いなしに楽しそうに笑ってる…








「施設にいた時はみんなでよくプロレスゴッコやってたんだよ〜

俺、特にこの四文字固めが得意でさ?

チャンミンはやったことない?」







「なっないよっ!プロレス知らないしっ!!

ヒョンッ!痛いよっ!もうやめてってば!!」







ただのプロレスだとしても下半身を密着させ、絡めたその体勢がどうしても卑猥に見えてしまう…


チャンミンの痛みで歪められたその表情と悶え苦しむ姿が悩ましげで何とも言えない色香を漂わせているし…

こんな姿、これ以上グクデに見せる訳にはいかない!







「グクデ!いい加減にしろよっ!

チャンミン痛がってるだろ?!」







とにかく抱え込んでいるチャンミンの脚を掴んでいる腕を力一杯引っ張ると…








「あっ…ああっ…やぁっ…やだっ…痛いっ…やぁっ…ユノッ!!」








「馬鹿っ!変な声だすなよっ!!」








まるであの時の喘ぎ声のように聞こえて思わず叫んでしまった…







「ぶっ!! あはははっ〜〜!!!」







いきなり笑い出したグクデは締め上げていた脚を離し、ソファーの上で笑い転げた…


ぼくは解放されたチャンミンの身体を起こして抱き寄せた…


チャンミンは痛そうに膝を撫りながら…







「ヒョン酷い…いきなりプロレス技かけるなんて…

もう、左足の膝が痛いよ…」







「ははっ…ごめん、ごめん。

これでも手加減したんだけどな?

どれ…どこ痛めた?」







チャンミンの膝に触ろうと伸ばしてきた手を叩き落として…







「チャンミンに触るなよっ!」







そう言ってグクデを威嚇した…








「やっといつものユノに戻ったか?」







「はっ?」







グクデがニヤニヤして僕たちを見ている…


腕の中にいたチャンミンはぼくを押しのけて背を向けてしまった…







「チャンミン?… どうしたんだ?」







そう声をかけてもぼくを見ることなくいきなり立ち上がり、膨れた顔をしながら何も言わずに自分の部屋に行ってしまった…







「あ〜あ、チャンミン怒らせちゃって…」







何でだ?グクデに怒るならわかるけど何でぼくに怒ってるんだ?


チャンミンが怒るなんて滅多にないことで動揺しているぼくにグクデがため息をついた…








「ユノ…おまえが俺に遠慮なんかするからだぞ?

それに、何度も言うけど俺が誘拐されたのはお前のせいじゃないし、今まで俺なりに幸せに生きて来たんだ。

なのにそんな哀れんだような態度されるとさ、それを否定されたようで逆に腹立つんだよ…」







「あ……」







そうか…そうだよな…


確かに、施設で育ったグクデの境遇をはなから不幸なことだと決めつけていた…


それってかなり失礼なことだったよな…


言われるまで気がつかないなんて…








「グクデ…ごめん…

勝手な思い込みで嫌な思いをさせて…

だけど…それとチャンミンが怒るのと何の関係が?」








「おまえ、何でもかんでもチャンミンに結びつけて悩みすぎなんだよ。

俺は2人の邪魔しようなんてこれっぽっちも思ってないし、寧ろ幸せになって欲しいと思ってるんだ。

それもあってチョン家の後継者を引き受けたんだぞ?

なのに運命の相手が俺だったかもとか今更変な気を回してさ…」








そうだった…


グクデが本当の息子だとわかっても両親は今まで通りぼくを後継者にしようと考えていたんだ…


だけど、それをぼくが辞退した…


本当の息子のグクデが継ぐべきだと思ったのもあるけど、一番の理由はチャンミンだった…


チャンミンと生涯一緒にいることを選んだぼくには後継者としてみんなが望むような責任を果たすことはできない…


だからグクデに頼んだんだ…後継者になって欲しいと…


自由に生きてきたグクデには重荷だったようであまり気が進まなかったみたいだけど、最終的には引き受けてくれたんだった…








「それには感謝しているよ…

でも…それとチャンミンが怒ってるのと関係あるのか?」








「はぁ…まだわからないのか…

あのな?正義感が強くて真面目なところはユノの良いところだけどさ…

俺の気持ちもチャンミンの気持ちも無視して突っ走りすぎなんだよ…

運命の相手がどうのってさ、チャンミンの恋人はお前だろ?

なのに今更どうにもならない過去のことで俺たちを試すようなことするなよな…

そんなことされたらチャンミンだってそりゃあ腹も立てるって…

さっき聞いてただろ?チャンミンの気持ち…」









「うん…

あっ…いや…その…」








「お前がキッチンの方で隠れて聞いてたのはわかってたんだよ」








うわっ…バレてた…


結局、2人きりでどうしてるか気になって我慢できずにこっそり隠れて聞いてたとか…


かっこ悪すぎ…


それにぼくが聞いているのをわかってたってことは、チャンミンに気のあるふりをしたのはわざとだったのか…


チャンミンの本音を引き出すためにあんなことを…


そこまで考えてくれていたとか…グクデには頭が上がらない…








「それにしてもユノ… 産みの親が誰だか判ったっていうのに、チャンミン、チャンミンって…

本当、お前ってチャンミンしか頭にないんだな?」







そう言って笑い出したグクデ…


本当だ…


あのノートを読んだ時は母親のことやグクデが誘拐されたことにショックを受けていたのに、次第にチャンミンのことで頭がいっぱいになっていた…


あらためて人から言われるとめちゃくちゃ恥ずかしい…







「わっ…悪いかよっ!!」







「いや、悪くないよ。

逆に羨ましいよ、そんな相手に出会えたなんてさ…

それほど想い合える相手がいるやつなんてこの世で数パーセントしかいないんじゃないか?

それこそ俺は運命だと思うけどな?」








グクデはそう言うと立ち上がって腕を上に上げて伸びをした…








「はー、そろそろ帰るかな…

ユノ、お前も早くチャンミンの所へ行って話して来いよ。

チャンミンも待ってるんじゃないか?」









「グクデ…何かいろいろ…ありがとうな…」









帰り支度を始めたグクデにぼくの小さく発した言葉は窓に打ち付ける雨音にかき消されてしまった…




















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

君のいない夜 〜欠けた心 3〜














Y side











ぼくは拗ねた子供のようにベッドに潜ってふて寝をしていた。




まさかあんな姿を見ることになるなんて…


突然の雷雨にずぶ濡れになったぼくとグクデは順番にシャワーを浴びることになり、先に浴びたぼくは部屋で着替えを探していた。


ガチャンと玄関の扉のが開く音がしてチャンミンが帰って来たんだとわかった。


会うのは1週間ぶりだ…


早く顔を見たかったけど、シャワーから上がったばかりでまだパンツも履いていない状態だったからそのまま着替えを済ませ、グクデに貸せそうな服を選ぼうとクローゼットを覗いていた…


すると悲鳴らしき声がバスルームの方から聞こえてきた…


慌てて駆けつけるとチャンミンが全裸でグクデの後ろでうずくまっている…


その光景に一瞬固まったけど、チャンミンが「間違えたっ」って言ったのを聞いてすぐに状況を把握した…


今日は出張から帰るって連絡してあったし、誰かを家に呼ぶなんてこともめったにないからきっとぼくと間違えたんだろうって…


それもグクデは見た目もそっくりだし…


出張先でも双子ですか?って何回も聞かれた。


だから仕方がないって思いながらも、間違えてグクデに抱きついたと聞いて苛立ち、チャンミンの裸を見られたことが我慢ならなくてまたいつもの悪い癖が出てしまった…


あんなふうに責めるつもりはなかったのに…


チャンミンのことになると何だってこんなに自制が効かないんだろう…


グクデに対してのぼくの酷い態度は単なる八つ当たりだって自覚もちゃんとある…


帰れ!だなんて…本当、酷いこと言った…


チャンミンに会いたいと言ったグクデを出張帰りに家に誘ったのはぼくだったのに…


今までは勝手な嫉妬心から極力チャンミンとグクデの交流を妨害していたけど、これからはそういう訳にはいかない…


本当のことを知ってしまった以上、グクデの望みは出来る限りきいてやらなきゃ駄目なんだ…


あのノートによれば、ぼくの産みの母親は誘拐という犯罪を犯し、グクデの人生を変えてしまった人だった…


自分の本当の親が見つかったことの喜びよりも衝撃の方が大きかった…


今まで当たり前だと思って過ごしてきた恵まれた環境や、優しい父と母…そしてこのチョン・ユンホという名前まで、ぼくがグクデから奪ったようなものだ…


どんな事情があったにしても誘拐なんて許されることじゃない。


何も知らずに幸せに暮らしていた時…ググデは施設で暮らしていたんだ…


本来ぼくが行くべきだった児童養護施設とはどんなところだったのか無性に知りたくなった。


ぼくはあのノートを読んだ後、無理言ってグクデの育った施設に連れて行ってもらった。


そこは…想像以上に粗末な建物で、ひび割れた窓ガラスにはガムテープで補修しただけになっている箇所もあった…


補助金や寄付が少なくて昔からギリギリの状態でなんとか今までやってきたらしい…


特に食事は育ち盛りの子供たちが食べる量としてはかなり少なく、味気ないものだった…


グクデがボランティアでよく食事を振る舞いにきていたのは子供達にお腹いっぱい食べさせてあげたいからだと…


かつて、ここで暮らしていたグクデがそう望んでいたんだろう…


そして…親の愛情の代わりを欲するようにぼくやグクデに遊んでと縋ってくる子供達…それらを見てさらにググデに対する強い罪悪感を覚えた…


あいつがぼくの代わりにこの施設にいたことを考えると母親が勝手にやったことだと涼しい顔してなんていられなくて…


母親の代わりにぼくが恨まれたって仕方がないと思った…


なのに、あいつは怒るどころかもう過ぎたことだとあっさりと許してくれた…


そして、このことはみんなに黙ってようと…


でも…それが逆にぼくの罪悪感の行き場を無くし、余計にグクデに対する負い目が増してしまったんだ…


罵倒されたり殴られたり、いっそのこと警察に届けてくれたほうが気持ちは楽だっただろうか…


だけど、あいつはそんなことをする奴じゃない…


ムカつくほど優しくていい奴で…


つねに周りのことを考え、同じ歳とは思えないくらいしっかりしているし、頭が良くて統率力がある…


非の打ち所がないとはこのことかってくらい人間ができている…それはこの出張で一緒に過ごしていて改めてよくわかった…


認めたくはなかったけどチャンミンがヒョン、ヒョンって慕うのも当然だ…


何よりれっきとしたチョン家の血筋…


本当だったらここに住んで、チャンミンと一緒に暮らしていたのはぼくじゃなくてグクデだったかもしれない…


自分が本当のチョン・ユンホじゃないと初めて知ったあの時から少なからずそんなふうに思っていたんだ…


それでもチャンミンをグクデに譲るつもりなんてこれっぽっちも考えてなかった…


だって、ぼくがグクデと入れ替わってしまったのは単なる偶然で、チャンミンと出会ったことは運命なんだと思っていたから…


だから平気でグクデからチャンミンを遠ざけたり遠慮の無い態度でいられたんだ…


だけど…本当は偶然ではなくてぼくをチョン家に送り込むために意図的に入れ替えられた…


数日前にそれを知ってからはチャンミンが出会うべき相手は本当はグクデだったんじゃないかって…


ぼくが2人の邪魔をしていたんじゃないかと思い始めた…


グクデからいろいろなものを奪い、その上チャンミンの運命まで変えてしまったんだとしたら…


もう頭の中がグチャグチャだった…


嫌だ…チャンミンだけは駄目だ…


だけど…もうこれ以上2人が会うことを妨害してはいけないんだ…


邪魔はしない…だからと言って身を引くわけじゃない…チャンミンの気持ちに従うつもりだ…


いつも強引にチャンミンを束縛してぼくだけのものにしようとしていたけど…


ぼくが手を緩めたら…自由にしたらチャンミンはどうするだろう…


その自由の中で運命があるとするならば…チャンミンはどっちに向かって行くのだろうか……















グクデ side











「ヒョン…」








チャンミンが後ろに崩れてソファーに組み敷くような体制になってしまった…


そんなつもりはなかったけど、この方が効果的かもしれない…


案の定、少し離れた所から微かに物音が聞こえた…


チャンミンはそれには気がついていない…








「チャンミン…試してもいいか?

俺がチャンミンの運命の相手かどうか…」







そう言ってゆっくり顔を近づけるとチャンミンは瞳をゆらゆらと揺らしながらも真っ直ぐに俺を見つめていた…







「ユノが…言ったんですよね…?

ぼくの運命の相手は本当はグクデヒョンだったんじゃないかって…」







「ああ…チャンミンはどう思う?」








「ユノがそう言ったのなら…そうなのかもしれません…」








「えっ…?」








予想に反した答えに驚いた…


ここは全力で否定するところだろう?








「俺が…チャンミンの運命の相手ってことで…いいのか?」







「はい…

ユノが言うように、ヒョンが本当の運命の人だったのかもしれない…

ヒョンとユノが入れ替わってなければ、ユノとは出会うことも、こうして恋人になることもなかったかもしれない…」







ゆらゆらと揺れていた瞳にじんわり涙が浮かんで来た…

ああ…困ったな…泣かせる気なんてなかったのに…








「だけど…

ヒョンがもし本当の運命の相手だったとしても、ユノと出逢って…そしてこんなにも好きになってしまったんです…

ぼくがユノと出逢ってしまった過去はもう変えられません…

それに…ユノが運命の人じゃなかったとしても、入れ替わることなくヒョンがここに住んでいたとしても、きっとぼくはヒョンより先にユノと出会って好きになるはずです…

だから…試す必要なんてないです…」








「なるほどね…

俺が運命の相手だったとしてもチャンミンがそれを変えていくってこと?」







「はい…だけど、意味は違うけどヒョンとの出会いはぼくにとって運命だったと思ってます…

だって、ヒョンのおかげでぼくとユノがまた恋人に戻れたんですから…

だからヒョンはぼくにとって大切な運命の人だってことは変わりませんよね?」








その満点な答えに俺はチャンミンの耳元に口を近づけて囁いた…








「よし、チャンミン…いい子だ。よく言ったな?

これでユノも少しは安心したかな?」








「??…ヒョン?」








訳がわからないという顔したチャンミンの耳元に続けて囁いた…








「さっきからキッチンの物陰に隠れて聞き耳立ててる奴がいるんだよ」








「えっ!?それってユ…」








「シッ! 静かに…

いやぁ…あまりにもユノがナーバスになってるからチャンミンにちょっかいでも出せばいつものユノに戻るかなぁと思ったんだけどさ…

思った以上にあいつやせ我慢してるよな?

こんなにチャンミンとくっついてるのにまだ出てこないとかさ。

さすがにキスしようとしたら出てくるかと思って試しにああ言ってみたんだけど…」







「ヒョンが試したかったのって…ユノだったんですか?」








「そうなんだ。どのくらいチャンミンに近づいたらユノが飛び出してくるかな?ってさ。

驚かせてごめんな?」








チャンミンに日記を見せて話をしている途中から背後に小さな物音を感じていた…


試しにチャンミンの肩を抱き寄せると足を一歩踏み出すような音がしたり、更に頭を撫でると壁を擦るような物音が…


俺は笑いを堪えながらさらにユノを煽るようにチャンミンにちょっかいを出した…


ユノが誘拐のことで俺に負い目を感じて遠慮していることが嫌で早く元のユノに戻って欲しかったんだ。

そう思ってチャンミンに会いたいって言ってここに連れて来てもらった。


チャンミンのことになると我慢が出来ない奴だからそうすればすぐにいつものユノに戻るんじゃないかって思ったからだ…


でもまさかユノが俺のためにこんなにもチャンミンのことで我慢できるなんて予想外だった。


そのくらい真剣に俺の気持ちを考えてくれてるんだってわかって、逆に申し訳ない気持ちになった…


それにしても何を勘違いしているのか俺がまだチャンミンのことが好きだと思い込んでいるんだよな…


チャンミンのことは本当になんとも思ってないんだ…もうとっくに諦めて2人を応援する側だ。


今は可愛い弟…それだけ…


そう何度も言ったのに世界中の男はみんなチャンミンのことが好きなんじゃないかと疑ってるかのように聞き耳持たない…


ユノとチャンミン…この2人の仲を引き裂ける奴なんていないだろう?


何をそんなにいつも心配ばかりして悩んでいるのか…


その独占欲を利用してやろうと思ったのになかなか手強い…


これはもうショック療法で治すしかないようだ…







「仕方ないな…奥の手を使うか…」







「ヒョン?どうするつもりですか?」







「チャンミン、ちょっと我慢してな?」







「えっ…な…なななっ!!何すっ!やだっ!ちょっ!!

いっ…痛っ!…ヒョンッやだっ!痛いっ痛いってば!!!やぁっ!」







チャンミンは今までやられたことないのか何が始まったのか分からないまま激しく痛がり、抵抗するようにもがきだした…








「チャッ?!チャンミンッ?!!」








さすがのユノもチャンミンの絶叫に驚いてやっと姿を現した…



















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR