FC2ブログ

Reboot 2

2018.01.31 00:00|Reboot
Reboot 2










部屋に入りチャンミンを招き入れた…



暗い外ではよくわからなかったけど電気をつけた明るい部屋でよく見るとパッチリとしたクリクリの可愛い目… まだ幼さがある中にも色気すら感じる綺麗な顔立ちに驚いた…


正直、かなりの好みのタイプだった…


今まで可愛いと思う子は沢山いたけれど、美しいと思ったのは初めてだ…


でも相手は教え子くらいの子供だ… そういう対象に見てはいけない…







ユノは酔いと邪念を醒ますかのように両手で自分の顔を軽く叩いた







「おじゃまします…」







靴を揃えて部屋の中に入ってきたチャンミンから異臭がするのを感じて上から下まで良く見ると、髪の毛はボサボサで服もサイズの合わないダボダボの薄汚れたジャージを着ているのに気がついた







「チャンミン、もしかしたらしばらく風呂に入ってないんじゃないか?

今風呂にお湯溜めてやるから先に入っておいで?」







「でも… ごはん… お腹すいて…」







「お風呂に入ってるうちに作っておくから…な?」








「うん…」








チャンミンが風呂に入っている間に冷蔵庫にある野菜を適当に突っ込んだ簡単なチゲ鍋を作った


ご飯を炊いてる時間はないからその中にインスタントラーメンの麺を入れて少し煮込んだところにチャンミンが風呂場から出てきた…


それもタオルを腰に巻いただけの姿で…







「あの… 僕の服は?」








「ああ… 服はかなり汚れてたから洗濯したよ。

だから脱衣所に俺のジャージと下着を置いておいたからとりあえずそれを着ておいで」







「う… うん…」







チャンミンが脱衣所に戻ったところではぁっと息を吐いた…


何だあれは… あんなに綺麗な身体は見たことがない…


なめらかな澄んだ綺麗なハリのある白い肌に少し痩せてはいるけれどしなやかな身体の曲線…


息を飲む程の美しさとはこういうことを言うのか…


俺の男の部分が顔を出しそうになるのをグッと押さえ込む…


駄目だ… しっかりしろ


何考えてるんだよ…


教師をしている時だって生徒をそんな目で見たことなんて一度もなかったのに…


一瞬でもそういう目で見てしまった自分を恥じた…













「わあっ!美味しそう!」







台所で皿や箸を用意しているとチャンミンはいつのまにか着替えてテーブルの前に正座していた








「ほら、髪の毛乾かさないと風邪ひくから…」







床に座っているチャンミンの後ろからタオルで頭を拭いてやる…


ちらちらと見える綺麗なうなじをなるべく見ないように水気を取った







「あの… もう食べていい?」







「ああ、いいよ」







「いただきます!」







よほどお腹が空いていたんだろう、一心不乱に食べ始めた…







「好きなだけ食べていいからもっとゆっくり食べな」







「ふぁっ…ふぁい…」







口一杯に豆腐を入れたまま可愛い返事するとそのまま無言で食べ続け、2人前あった鍋はあっという間になくなってしまった


あんなに勢いよく食べている割りに食べ方は綺麗だし周りに汁も全く飛び散っていない…


ポワンとした緩い雰囲気の中にしっかりした部分も見られる…


何ともアンバランスな感じ…








「ごちそうさまでした

ユノさん、すっごく美味しかった!

ありがとう」







礼儀も正しい…


そして食べ終わった後に食器や鍋を台所に運んで洗い物までしている


きちんと施設で躾られている… きっと良い先生達が育ててくれたんだろう


だけど、素直でいい子そうだなと思うたび余計にさっきの公園でのことが気になる…


それにこんな知らない人の家に平気で上がるなんて警戒心が無さすぎだ


俺がさっきみたいなヤツだったらどうする気だったのか…







「チャンミン… 洗い物はいいからこっちに来て少し話をしようか?」







チャンミンはうなづくとテーブルを挟んでユノの座っている向かいに正座をした







「君のこと、少し教えて欲しいんだけどいいかな?」







「うん…」







「まず、君は何歳?」







「17歳… 」







「ええっ?…17??」







あどけない表情と少し幼い話し方にまさか17歳とは思いもしなかった…







「高校3年生か?」







「僕… 高校は行ってない…」






「そうか…

じゃあ、お兄さんは何歳? 仕事は?」







「えっと… ヒョンは22歳で…

夜はハイドって店で働いてて、昼は女の人とデートする仕事って言ってた…」







デートする仕事って… 出張ホストか? ハイドって店は確かこの界隈では有名なホストクラブ…


昼も夜も働いてるってことか?








「チャンミン… 君は?

学校行かないでどうしてるんだ? 働いているのか?」







「うん… ヒョンが仕事くれるから…」







「お兄さんが?

まさか君も女の人とデートする仕事してるのか?」







「違うよ…

ヒョンが僕じゃ女の人とデートは無理だって…

だから男の人を家に連れて来るんだ…」








「はっ?」








「僕は女の人より男の人の相手する方が沢山お金貰えるんだって…」







なんだそれは…


それってやっぱり…







「じゃあ…

さっき公園にいた男は客だったのか?」







「うん… 前に一回だけ来た人だよ。

でも今日はヒョンいないからダメなのに勝手に1人で僕の家にきちゃったから公園に逃げたんだけど捕まっちゃって…」







「いないとダメって…

お兄さんがいるときだけ… するのか?」







「うん… ヒョンが自分がいない時に勝手にしたらダメだって…

じゃないとちゃんとお金貰えないし危ないからって…

だからいつもヒョンがお客さんからお金を貰って、危なくないように見ててくれるんだ…」







何てことだ…


やはり売りをやっていたのか…


それも兄にやらされているなんて…


こんな話… チャンミンは悪びれもせずに普通に話しているけどよくないことだって自覚もないのか?







「チャンミン… 君はそんなことするのは嫌じゃないのか?」







「嫌だよ… だけど仕方ないよ…

僕、頭悪いしすぐにボーッとしちゃうから他にできる仕事ないってヒョンが言うし…

だけどね、ヒョンがこの仕事で早くお金貯めたらそのお金で学校に行かせてくれるんだって

そうしたら頭良くなってなんでもできるようになるからって…」







「じゃあ… チャンミンが稼いだお金は全部お兄さんが持ってるのか?」







「うん、貯めておいてくれてるって…」







そんなわけないだろ…


騙されていいように使われてるだけだ…


話しているうちに途中から何と無く気がついた… チャンミンは少し年齢にしては幼い…


先天的なものなのか後天的なものかはわからないけど周りのサポートが必要な子だ…


こんな子を金の為にそんな仕事させるなんて許せない…






「お兄さんってチャンミンの本当の兄なのか?」







「ドンソクヒョンは天使園のみんなのヒョンだよ」







「天使園… それがチャンミン達が育った施設か?

じゃあ、お兄さんとは血は繋がってないんだな?」







「うん… 僕もヒョンも天使園にいる子はみんな赤ちゃんの時に捨てられてた子供なんだ…

だからみんな園長先生がお母さんだったんだ」







「そうか…」







実の兄じゃないってことで確信した…


そいつはチャンミンをお金のために利用している…


お金も持たせずに放置しているってことはもう帰って来ないつもりなのか…


とにかくこのまま1人で家に返すわけにはいかない。


また客だった男が来るかもしれないし、兄が帰ってきたら売りの仕事させられるかもしれない…


まずは明日、その天使園の園長先生に連絡して相談してみたほうがいいだろう…







「チャンミン… 今日はもう遅いしここに泊まってって」







「え… でも…

ヒョンが帰って来るかもしれないし…」







「お金もないし、電気もつかないんだろ?

お兄さんが帰ってなかったら明日の朝ごはんはどうするつもり? 昼ごはんは? 夜ご飯も食べられないぞ?」







「そっか… どうしよう…」








「だからお兄さんが帰って来るまでうちにいるといいよ。

明日、チャンミンの家に案内してくれる?

ここにいてもわかるようにドアに俺の連絡先を書いて貼っておこう。

そうすればお兄さんが帰ってきたらすぐに電話してくるだろ?」







「う…うん… でも… ヒョンに怒られないかな?」








「大丈夫、俺がちゃんと説明してあげるからここで一緒にお兄さんの帰りを待とう」








「うん! 」








安心したのかチャンミンはパァッと明るい笑顔を見せた…















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

Reboot 1

2018.01.30 00:00|Reboot
Reboot 1











「ユノ…今日も面接だったのか?」







「ああ…」







「今度は大丈夫そうかなのか?」







「どうかな…」







ユノはフッと苦笑いをしてウィスキーを口に含ませた…


お酒はあまり得意な方ではないのに職を失ってからは毎日のようにここへ通って飲んでいた…







「お前、そんな毎日飲んで大丈夫なのか?

ヤケ酒ならもう出さないぞ?」







「そんなんじゃないよ…

ただずっと1人で家にいたくなくてさ…」







「あんまり無理すんなよ?」








そう言ってユノの好きなナッツとチョコを差し出したのはこのバーのオーナー、幼馴染みのヒチョルだ


今日はバーテンが急に体調を悪くして帰ったらしく、珍しくカウンターでシェイカーを振っていた


その美しい手捌きと容姿に店内のヒチョル目当ての客がざわつく







「さすが元No.1ホストだな」







「もう昔の話だろ」








「昔って、まだ数年前じゃないか」









ヒチョルは高校卒業後、ホストになった…


男から見ても美しいその美貌…そして心まで酔わせてしまうような心地よいトークで酒が飲める歳になる頃にはこの界隈では知らない者はいないNo.1ホストに上り詰めた


そして5年後… 惜しまれながらホストを引退するとこのカフェバーを開き、今では3店舗の支店を持つ青年実業家だ


昼間は明るい普通のカフェだが夜は照明が落ち、カジュアルだけど雰囲気のある誰でも気軽に入れるようなバーに変身する


ここは仕事もなく、行くあてもない今のユノの唯一の居場所だった


そのカウンターの真ん中で1人で飲んでいるユノを20歳くらいの男の子が端の席からじっと見つめていた

その視線に気がついたユノは彼の方をチラリと横目で見ると彼はニコッと笑いながら会釈をしてきた


何度かここで見たことある顔だなとユノも軽く会釈し返すと、そんな二人の様子を見てヒチョルがユノにコソッと耳打ちした







「あの子、お前に気があるみたいで最近ここに通ってるんだよ。

可愛いよな? どう?お前のタイプだろ?」







ここはそういった出会いの場ではないけれどヒチョルは顔が広く、ゲイの友人も多いからかそういった仲間も自然にここに集まってくる


ヒチョルはノーマルだけど全く偏見はなく、ユノが唯一ゲイだとカミングアウトした友達だった







「確かに可愛い子だな…

でも今はそんな気になれない…」







「まあな… あんなことがあったばっかりだしな…

でも新しい出会いは大事だぞ?」







ユノは苦笑いをしながらウィスキーを一気に飲み干すとグラスをヒチョルに突き出した






「ヒチョル… ウィスキー飽きた…

何か軽めのカクテル作ってくれよ…」







「はいはい、甘〜いやつだろ?」







ヒチョルがカウンターでカクテルを手際よく作っているのを見ているとさっきの男の子がユノの隣にやってきた







「あの… ここ… 座ってもいいですか?」







「ああ… どうぞ…」







恥ずかしそうに目を合わせず俯きながら話す姿が初々しいく見えた


隣に座るとちらちらとこちらを見ているけど話しかけてはこない


仕方なくこちらから話を振った…







「何度かここに来てるよね?

俺はユノ、君は?」








「俺、ジフっていいます。

あの… 初めて見た時からかっこいいなって思ってずっと話ししたかったんです…

それで…ユノさんも同じって聞いたから…」







「ヒチョルから聞いたのか…

そうだよ、俺もゲイだよ」







「はい… それを聞いてすごく嬉しくて…

もし良かったら… 今夜遊んで貰えないかなって…」








「遊ぶって… 何して遊ぶの?」







「え?… 何って…」








意味はわかっていたけど意地悪くそう質問した








「一晩だけでもいいんです…

ユノさんみたいなかっこいい人に抱かれてみたくて…」







慣れてないウブな子かと思ったのにどいやら違ったみたいだ…


この見た目ならこうやって可愛らしく慣れてないふりして近づいてそんなセリフ言えば大概のヤツは引っかかるだろう…


俺もこの間まではそうだった


だからあいつのことも何も疑わずにいたんだ…


まさかあんな裏切られ方するなんて思わずに本気になって…







忘れたい思いが蘇える…


目の前に出されたカクテルを一口飲むとカシスの甘ったるい味が口いっぱいに広がった


ヒチョルを見ると『遊んでやれよ』と言いたそうにニヤリと笑っている…








「ジフ君… 君はいつも気に入った男を見つけるとこうして誘って遊んで貰ってるのか?」







「えっ?……

いえ… いつもは大体向こうから誘ってくるから…

自分から誘ったりはないですけど…」








「へぇ…モテるんだな…」








「でも、いつもあんまり好みじゃない人とばっかりで…

だからユノさんみたいなかっこいい人とって…

こんなふうに自分から声をかけたのは初めてなんですよ」







いつもか…


好きでもない奴といつも遊んでるってことだよな?







「それは光栄だね…

だけど俺は会ったばっかりの好きでもないやつと寝るとかそういうのはしない主義でね。」







和かに… でもキツイ口調でそう言い放つとニコニコと愛想を振りまいていた表情が一瞬で引きつり、さっきとは別人のような生意気そうな口調で話し出した





「なんだ… ユノさんって堅いんだ…
いいじゃん、こんなことみんなやってるでしょ?」








その言葉にユノはピクッと反応した…


数週間前に別れた恋人に言われた言葉と全く同じセリフだった…








「君は特定の彼氏はいないのか?」








「いるけど、それが何?」








「大事な相手がいるのなら何で他の奴と気軽に遊べるんだ?

君だって彼氏が浮気していたらショックだろ?

こんなことはもうやめた方がいい… そうしないと…」







「あ〜もういいよ、説教なんかされたくないし。

学校の先生といるみたいで超萎えた…」








そう言ってジフは席を立つとカウンターに金を置いてサッサと店を出ていった…








「ははっ… 先生みたいだって… あいつ鋭いな」








ヒチョルが彼のグラスを片付けながらそう言った…







「元… 先生だけどな…」







ユノはこの間まで高校の数学の教師だった…


教師になって3年目… 初めて担任を任され、これからだって時に恋人が学校にユノがゲイだとバラした…


それも2人で写っている卑猥な写真をばら撒いて…


それを知った保護者が黙っているわけもなく、まるでユノが犯罪でも犯したかのように騒ぎ立てられ自主退職という形で職を追われた


他の学校に再就職するために幾度となく面接を受け採用直前までいってもなぜか最後にはその噂が伝わりダメになる


今日も面接は上手くいったように見えたが採用まで行くかどうかわからない


ユノにとって教師になるのは小さい頃からの夢だった


それをユノの元恋人は自分の我儘で簡単に奪ってしまったのだ


恋人に裏切られ、職まで奪われたユノは未だ精神的に立ち直れないでいた…








「そういえばこの間さ、この店にテファンが来たんだよ。

お前の携帯番号が変わったから教えてくれってさ。

もちろん教えなかったけどそれでいいんだよな?」







「ああ、そのために変えたんだし、別れたんだから教える必要ないよ」







「でも向こうはまだ別れたなんて思ってないみたいだったけど?」







「もうテファンとは関わりたくないし顔も見たくない…

俺の中では完全に終わってるんだ」







ユノは甘いカクテルを飲み干すとフラフラと店を出た…


はあっと吐いた息が白くなるほど空気が冷たい…


酔って火照ったユノにはそれが心地よかった


引っ越してきたばかりのアパートはヒチョルのバーから10分ほど歩いたところにあった


収入のない今のユノには以前住んでいたマンションの家賃を払う余裕はなく、別れたのにしつこく家に来るテファンにもウンザリしていたのもあってかなり古いが安いアパートを見つけて引っ越していた


帰る途中に大きな公園があってそこを抜けて行くとアパートは目の前だ


ユノはいつものように街灯だけの暗い公園を通っていた…


すると公衆トイレの前に争っている様子の2つの人影が見えた…







「やっ… やだっ… やだよっ!離してっ!」







「逃げるなよっ! ちゃんと金やるから、な?」







「ヒョンがいないからっ…ダメっ!」







「黙ってれば大丈夫だって、いつもの2倍金やるから」






スーツを着たサラリーマン風の男が若そうな男の子の腕を引っ張って公衆トイレへ連れ込もうとしている…





金って… 売りでもしてるのか?


でもこれはどう見ても同意ではなさそうだ…







ユノは駆け寄ってトイレの前に立ち塞がった








「ちょっと、何してるんです?

嫌がってるでしょう?」







そう言って男の子の腕を引っ張ると振り向いたその子の顔を見て驚いた…


若い…まだ子供じゃないか!!


高校生?いや、中学生か?







「助けてっ!!」







その子はユノの胸に飛び込み抱きついた…


怖かったのか震えている…








「誰だお前!邪魔するなよ!」







ユノより明らかに年上のその男はかなり酔っ払ってるようだった


男は男の子を掴もうと手を伸ばしてきた


ユノはすかさずその手を取り捻り上げた








「未成年者に何するつもりですか?

すぐそこに警察署があることは知ってますよね?

そこでゆっくり話しますか?」








「痛っ…はっ…離せよっ…

俺はこの子の知り合いだよ、な?チャンミン?」







男の子フルフルと頭を横に振っている…







「知らないみたいですけど?」







「いや… この子の兄と知り合いでさっ…痛っ…

ドンソクにまた来るって伝えといてな?な?」







力を緩めてやると急いで落とした鞄を拾いあげて逃げるようにその場を立ち去った…








「もう大丈夫… いなくなったよ」







「ほ… ほんと?」







その子はユノの胸から顔を離してキョロキョロと周りを見渡す…


いないとわかってホッとしたのかペタッと地べたに座り込んだ…







「どうした? どこか痛めたか?」







下を向いたまま頭を横に振った


ユノはしゃがんで顔を覗き込むとその子はゆっくりと顔を上げ小さな声で…







「お… お腹すいて… 動けない…」








「えっ?」







「ヒョンがいなくなって… お金なくって… 電気もつかないし… もうずっと食べてない…」







「ずっと食べてないって…

親は何してるんだ?」







「僕もヒョンも施設で育ったから親はいない…」







「じゃあ… お兄さんと2人暮らしなのか?」







「うん… でも… ずっと…ずっとヒョン帰ってこなくて…っ…うっ…」







再び俯き顔を腕で隠してしまったけれど泣いているのはわかる…


親も頼る人もいなくてお金もなくてずっと心細かったのだろう… その上怖い思いまでして…


このままほっておくなんてできない…







教師だった頃の癖なのかユノは困ってる子を見ると無条件に助けたくなってしまう







「そうか… 腹減ってるならとりあえずうちで何か食べるか?

俺の家はすぐそこのアパートだから」







「え?… でも…」







その子は顔を上げるとキョトンとした顔でユノを見ている


それを見たユノは、いきなり知らない人の家に来るか?なんて言われて来るわけないか… とハッと気づいた

さっき怖い思いをしたばかりなのに尚更来るわけないと…






「やっぱりファミレスにしようか?

ここからだと少し歩くけど」







立たせようと手を差し出すと両手でギュッと握られた…


しばらく何か考えてるような顔で俺の顔を下から見上げている…







「家でいい… 何でもいいから早く食べたい」







「知らない人の家に来るの心配じゃないのか?」







「うん… お兄さんいい人だから」







「じゃあ… 行くか?」







ゆのに引っ張られて勢いよく立ち上がるとそのまま手を繋いでアパートへ歩いていく…


手を離そうとしてもギュッと握られて離してくれそうにない…


成り行きではあるけどなんだか妙な事になったな… とユノも少し困惑していた








「そういえば… 君、名前は…」








「チャンミン…

シム・チャンミン…」







チャンミンか… さっきの男もそう呼んでたな…


やっぱりさっきの男と知り合いなのか?


お金って言ってたけど… まさかこんな子供が売りをやってるわけないよな?







「あのさ… 君…」







「何?」







「いや… 何でもない…」








さっきの男とはどんな関係なのか、金って何のことなのか聞こうとしたけどやっぱりやめた…



とりあえず先にご飯を食べさせてあげよう…



話はそれからだ…







「俺はチョン・ユンホだよ」







「チョンさん…」








「ユノでいいよ。

ほら、着いたよ。ここの二階なんだ」








カンカンと鉄でできている階段を2人で登り、1番奥のドアを開けると玄関で遠慮がちに部屋を除き込むチャンミンを部屋に招き入れた…









これが2人の出会い… ユノとチャンミンの2人の始まりだった…


















※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


こんにちは、Monakoです〜〜╰(*´︶`*)╯♡

皆さま超超お久しぶりですがお元気でしたか??

ずっと放置していて本当に申し訳ありません(>_<)

6月よりずっと更新が止まっていました…σ(^_^;)

正直、忙しい状況は悪化の一途を辿っていて落ちついて小説書ける状況ではないのですが、書きたい気持ちは常にありました…

でも一度始めちゃうと次の更新がいつになるか本当にわからないのでその状況でまた始めちゃったらまたお待たせしまくることに…と思うとなかなか始められず…

でもでも、こんな拙い小説でも待っていてくれている方が数人はいらっしゃるのでやはりえいやっ!っと始めることにしました!

以前より文書の書き方、長さを変えたり、最後の写真が毎回変えるところを定型にするなど少し違うところも出てくると思いますが…

頑張ります!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

タイトルはご覧の通り「Reboot」です!
夏頃に数話書いて放置していたものですが、まさにRebootな話でタイトルにぴったりな話です


私も久々に小説をRebootします。笑


あまり明るい話ではないのですが最後はハッピーエンドをお約束しますので良かったら読んでやって下さいね(#^.^#)



ちなみに皆さんのビギアゲツアーは如何でしたか?

私は私なりに楽しめて思い残す事はない!と思っていたところに日産って!!!((((;゚Д゚)))))))

本当にびっくりしました〜〜!
でも嬉しい驚きでしたね!(((o(*゚▽゚*)o)))

その前にビギイベもあるし、楽しみが続きます♡

本当に帰ってきてくれてありがとう\(//∇//)\





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR