スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君がいない夜 〜家庭教師編〜 3










ヒチョル side









「ヒチョルさん、今シム先生からお電話で少し遅れるとのことです…」







「そう…わかった。」







家政婦が部屋まで知らせにきた。


珍しいな…遅れるなんて。


いつも遅くてもギリギリ間に合うようには来てるのに。


クーラーのきいた部屋からバルコニーに出ると、夕方とはいえまだ蒸し暑さが残っていた…







「あっち〜なぁ…」






それでも俺はそこからシム先生の姿が早く見たくて手すりに肩肘をついて顎をのせた…


しばらく蝉の鳴き声を聞いていると一台の車が家の前に着いた。


助手席から慌てるように降りてきたのはシム先生。


そして運転席にいるのはあの一緒に住んでるというチョン・ユンホ。


フロントガラスからこっちを伺うように俺を見ているのがわかる…






「そんなに先生が心配?

何もしないよ…今日はね。」






俺はフッと笑みを浮かべてを奴を見下ろしてから部屋に戻った…












.....…………………………………












『あの家庭教師気に入らない。』






『そう…じゃあ、変えてもらいましょう…』






いつものように前任の家庭教師をバッサリと切り捨てたのは2ヶ月前のこと…


こうしてコロコロと先生を変えて行くのはもう当たり前になっていた。


母親なんて俺のいいなり。というより勉強のこと以外俺に関心がない。


自分の医者の仕事に夢中で母親らしいことなんてされた記憶もない。


勉強さえしていればあとは何をしても何も言わないからかえって気楽だけど。


今まで教わってきた先生は一流大学の大学院生、または家庭教師を本職としているプロ。それも間違いがあったら困ると男の先生ばかり…


それが裏目に出てるなんてこれっぽっちも気づいてないのが笑える。


俺は頭がいい。父親も母親も代々医者の家系だから遺伝子的に当然だ。だから家庭教師なんて雇わなくたって別に困ることなんてない。


ただ、親が自分のかわりに俺がちゃんと勉強しているか監視させたいだけ。報告を聞いて安心したいだけなんだ。


家庭教師なんてどいつもこいつも堅くてつまらなくて本当に退屈で…


だからちょっとからかって反応を見ては楽しんでいた。


前の奴なんて俺がちょっと先生の頬にキスしただけで驚いて椅子から転げ落ちるし。


抱きついたらまだ終わる時間でもないのに慌てて帰っちゃった奴もいたな…




だから今回もいつものように楽しませてもらおうと思っていた…



そして、新しく来ることになったのは大学院1年生のシム・チャンミン先生。


どうやらかなり優秀なやつらしく、アメリカに特待生として留学し、4年生大学を3年で卒業、そして今は大学院の1年生だと母親が『今度こそ良い先生が来るわよ!』と期待しているようだった。


俺はどうせまた偉そうな上から目線のつまらない奴が来るんだろうな…なんて思っていた。



それが…



先生を見た瞬間、まずはその容姿に驚いた。こいつ…モデルかよ…って…


頭が良くてこれだけの容姿があればかなりモテるだろう…


きっと調子こいて相当遊んでるんだろうな…そう思ってたのに…







『ヒチョル君、ぼく家庭教師は初めてなんです。

だから、何かおかしなところがあったら教えてね?』







拍子抜けした…


柔らかい物腰と話し方…同じ目線で話を聞いて、うんうんと素直に頷き返事をする姿とか…


パッチリとした愛らしい目で、少し首を傾げて聞いてくる仕草とか…


他のヤローがやったら吐き気がするような上目遣いとか…


先生がやることなすことすべて超〜可愛い…


少しからかってみたら真っ赤になって照れるとか、天使のような穢れを知らない純真無垢なその笑顔…



ヤバイな…これはかなりの逸材じゃね?



やっと退屈しない家庭教師がやって来た…



すげー楽しくなりそう。



俺はニヤけが止まらなかった…






そう…この時はまだそのくらいの軽い気持ちだった…

















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメントありがとうございます♡

よ◯ちゃん様

いつもコメントありがとうございます♡

チャンミン、近くでみたらもう落ちずにはいられませんよね〜〜♡

私は前はユノよりのホミンペンだったんですが、12月のソウルコンで運良くスタンディング最前列だった時に舞台の上なので高さはありますが同じく3メートルくらい前にチャンミンを見て金槌で頭をカチ割られたような衝撃を受けました!

それからはユノ、チャンミンどっちも大好きなホミンペンになりました*\(^o^)/*

2人とも1度近くで同じ目線で見てみたいです〜〜♡\(//∇//)\

Re: コメントありがとうございます♡

A◯◯様

コメントありがとうございます♡

肉の日(≧∇≦)おめでとうございます〜*\(^o^)/*

こちらこそ、いろんなブログでA◯◯様の素敵な加工画像を拝見していました!

大ファンだなんて恐縮です〜〜σ(^_^;) でも、凄く嬉しいです♡♡♡

これからもどうかよろしくお願いします〜〜(o^^o)
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
129位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。