スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君のいない夜 〜家庭教師編〜 9











Y side












インターフォンを押すと無言でガチャっと門のロックが解除された。


門から玄関までまでの緩やかな傾斜を上がって行くと玄関のドアを開いたヒチョルが上半身裸でこっちを見ていた。







「チャンミンはどこだ?」







俺はなるべく冷静にそう言うと








「ユノさん、遅いよ。

先生が寝ちゃったあとすぐにメールしたのに。

ベッドが狭くてよく寝らんなかったよ。」







「一緒に寝たのか?」







「そうだけど?」







あっけらかんと話すヒチョルに怒りがこみ上げる…


でも、ヒチョルは俺とチャンミンとの関係を知らないはずだし、男同士一緒に寝るなんて普通なら怒るようなことじゃない…


チャンミンから来たカトクの時間とヒチョルからのメッセージの時間から見ても寝てしまってすぐに俺に連絡をくれたわけだし…


お礼を言うべきなんだろうけど…


でもあの写真が引っかかる。


あんな写真をわざわざ撮って送りつけるとか…


ただの今時の高校生のノリなんだろうか…


それより、何でチャンミンがここで寝てしまったのか…


わからないことだらけだ。


問いただしたい気持ちを抑えてヒチョルの後ろをついて行く…








「先生、ユノさんが迎えに来たよ!

ほら、起きなって!」








「ん…」







部屋に入るとベッドの上で上半身裸のチャンミンが仰向けになって寝ていた。


チャンミンを起こそうとする同じく上半身裸のヒチョルを見て、2人が一晩ここで一緒に寝ていたのを想像してしまった…


ダメだ…耐えられない…


思わずチャンミンの身体を揺するヒチョルの手を掴んでぼくの後ろへ下がらせた。







「おい、チャンミン、起きろっ!」







我慢できずに思わず怒鳴ってしまった。








「ん…ユノ?…

あれ?…何で…ヒチョル君…

えっ?えっ?」







チャンミンは起き上がると上着を着ていない自分と、今の状況がわからないのか慌てている。







「先生、覚えてない?

昨日俺の誕生日祝ってくれてさ、食事の後眠くなったって言ってベッドで寝ちゃったこと。」






誕生日?食事?そんな話聞いてない…







「あ…そうだった…あの時凄く眠くて…

でも、何で上着が…??」







「先生、暑くて脱ぎたそうだったから脱がせたんだ。

俺も寝るときはいつもパン1だし。

先生いるから昨日はズボン履いてたけどさ。」







脱がせた…って…


もう聞いてられない…







「ほら、早く上着着て!

帰るぞ!」







ハンガーにかかっていたチャンミンのシャツを取って渡した。


まだ寝起きで少しボーッとしているからかボタンを留める手がおぼつかない…







「先生、俺やってやろうか?」







「そのくらい自分でできるだろ?」







これ以上チャンミンに触るな!


そう言いたいのを我慢して冷たくそう言い放つと、急かすようにドアを開けて待った。


チャンミンがベッドから立ち上がろうとした瞬間、ふらっとよろけてすぐ横にいたヒチョルが抱きとめた…







「先生…大丈夫?」







「あ…うん…ごめっ…」







「チャンミン!何やってんだよ!早くしろよっ!」







思わず声を荒げてしまった…


もう我慢の限界だった…


その声に驚いてビクッと震えたチャンミンはヒチョルから離れると慌てながらキョロキョロと何かを探している…








「先生、鞄はここだよ?」








「あ…ありがとう…

迷惑かけちゃってごめんね?」






「いいから、早く帰ってゆっくり休んで?

先生、疲れてるんだよ。

ユノさん、先生さ、昨日眠くて体調悪そうだったからゆっくり寝かしてやって?」







「ああ…」







ぶっきらぼうにそう返事するとチャンミンの腕を強く掴んで足早に歩き出した…














ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメントありがとうございます♡

よ◯◯ゃん様

いつもコメントありがとうございます♡

ユノ、チャンミンの電話で会話するシーンはビギのゲームのユノの方に出てきました。
ユノが「チャンミンに電話しよう!」と、2人で電話するシーンありましたよ!見ましたか?どうみてもカップルの会話でしたw萌えます♡

チャンミンのゲームの方にはまだユノと電話するシーン出てきません。

私との会話はどうでもいいからユノ、チャンミンを会話させて欲しいです〜〜!!

って、ゲームのことばっかり書いちゃいましたσ(^_^;)



非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
129位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。