スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君のいない夜 〜家庭教師編〜 32

※ R18な表現があります。苦手な方はご遠慮下さい。









Y side










バスルームの床に座って壁に寄りかかった。


チャンミンは脚の間に座りぼくに凭れかかる…


後ろから胸の突起を弄りながら抜いてやると…







「んっ…はぁっ…ユノ…キスして…」







首を限界まで捻るように後ろを向くチャンミンの唇に優しくキスをすると、ハアハアと荒い息をしながらもキスに夢中になるチャンミンの表情が酷くいやらしい…








「ああっ…もっ…もう…あぁ…」







あっという間に果てて手に白い液体がドロリとかかった。







「気持ちよかった?」







コクコクと可愛く頷く…







「でも…まだっ…」








「ん…わかってる…」









そのまま脚を開かせてヒクついている深い部分に塗り込み指を鎮める…


そこで異変に気がついた…


今日初めてさわったのに柔らかい…








「チャンミン…ここ…自分で解してたの?」








「だっ…だって…ユノのが早く欲しくて…

手が勝手にっ…はぁ……」








いつもなかなか口にしないような言葉がさっきからぽろぽろ出てくる…


薬で理性が吹っ飛んでるんだよな…


本当、もう堪らない…








「そんなに欲しかった?」








「欲しいっ…ユノッ…我慢できなっ…んんっ…」







いきなり腰を浮かせたかと思うとチャンミンの腰にあたっていたぼくのそれを掴んで自分で思い切り突き刺すように腰を鎮めてきた…








「チャッ…うぁっ…っ…」








予想外の急な行動に強い刺激が身体中を走り抜けた…

待ちかねていたからか受け入れたチャンミンの中もヒクヒクと波打つように痙攣して締め付ける…






「…んっ…あっ…はぁぁっ…ユノ…気持ちい…よぉ…」






もう完全に快楽に溺れたチャンミンは激しく腰を上下に動かし出して…







「まっ…待てって!あっ…うわぁっ…くっ…」







あまりにいつもと違うチャンミンの言動や行為に耐えられずすぐに果ててしまった…


情けない…これ、最速記録かも…



チャンミンも動き疲れたのかハアハアと息を切らせながら繋がったまま土下座みたいな格好で床に伏せている…


体制を変えたくてチャンミンの中からズルリと引き抜くと…








「やだっ…抜かないでっ…もっと…もっと奥にっ…欲しっ…」








半泣き気味でお尻を突き出してそんなふうに強請られるとか…


もう…ちょっとこれはヤバ過ぎる…


あまりの卑猥さに一瞬気が遠くなる…


ぼくは薬を飲んだわけじゃないのにまたすぐに硬さを取り戻した…


こんなチャンミン見たらいくらでもできそうだ…







「好きなだけあげるから…ほら、腰あげて?」








膝立ちになってチャンミンの腰を持ち上げ、四つん這いにさせると一番深いところまで一気に打ち込んだ…







「あっあぁっ…っ…あぁ〜〜っ…」







挿れただけで身体をガクガクと痙攣させながらイッてしまったようだ…







「そんなに奥がいいの?」








「いっ…イイょぉっ…はぁっ…もっ…はやくっ…

…もっとっ…いっぱいしてっ…ユノッ…お願っ…」








後ろからされるのは顔が見えないからって言っていつも嫌がるのに今日は嫌がるどころか自分から腰を差し出すとか…


本当はこっちの体制の方が気持ちいいって分かってたんだな…


だけどいつもはその快感よりぼくのことを見て一緒に感じたいってそう思ってくれているんだって思うと愛おしくて仕方ない…


今は何も考えないで好きなだけ感じて欲しい…


最奥まで激しく何度も何度も打ち付けるとチャンミンはずっとイキっぱなしなのか身体をガクガクと痙攣させて激しく喘いでいる…







「ああっ…やっ…やぁ…ユノッ…

怖いっ…怖いっ…んぁっ…あぁぁっ…」








「怖いって?ぼくが?」








「違っ…あっ…あぁっ…

き…気持ち…よすぎてっ……やぁっ…あっ…

こ…怖いよ…っ…」








「止めようか?」








「やっ…やめないでっ…あぁぁぁっ…」








怖いくらい気持ちいいってどんなだろう…


はぁ…そんなこと言われたらもっともっと気持ち良くさせたくなる…


腰の動きはそのままに、ずっと勃ち上りっぱなしのチャンミンのそこも一緒に激しく抜いた…







「だっ…ダメッ…やぁぁっ…無理っ…あぁっ…あぁっ…ぁぁ…」







ダメって言いながらもさっきよりさらに気持ち良さそうだ…


腕に力が入らないようでゆっくりと前に崩れ落ちながらも腰だけは何とか上げていて…


抜いているチャンミンの先からはもう出るものも無いのかイッても何も出て来ない…


ぼくもチャンミンの中でもう何回イッたのか、出るものがあるのかどうかもわからない…


何回果てても気持ちよくて終わりなんてないんじゃないかって錯覚さえしてくる…


このままずっとチャンミンと一緒にドロドロに溶け合って溺れていたい…








「やぁぁぁっ…ユノッ…ユノッ…ユノッ……またっ…

イッちゃっ…ああぁぁぁっーーっ…ユノッ…ユノッ…」








「やばっ…くっ…うぅ…」








名前を何度も呼びながらイッたチャンミンが堪らなくてぼくも一緒にイッてしまった…


今までこうもぶっ続けでしたことないから流石に息が上がって腰の動きを止めた…


すると持ち上げていたチャンミンの腰が急に重くなり、余韻に浸ることなくずるりと抜けてチャンミンはぐったりと床に崩れ落ちた…







「チャンミン?大丈夫?」







頭を抱えるように抱きしめると、あまりの激しさにとうとう失神したのか返事はなかった…


このまましばらく寝ていればきっと薬の効果も切れるだろう…


ぼくは起こさないように身体を綺麗に洗ってあげた。


バスタオルに包んでベッドへ運ぶ…



Tシャツ短パンを着せてふわっとタオルケットをかけると前髪を指で流して額にキスを落とした…


よく眠っている…きっと相当身体に負担がかかってるはずだ…


しばらくは起きないな…


ふと窓の外を見ると夕日が沈みかけていた…








「チャンミン、ゆっくり休んで…

ちょっと出かけてくるよ。」








返事がないのを確認するとぼくは車のキーを握りしめてヒチョルの家に向かった…


















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメントありがとうございます♡

よ◯ち◯ん様

いつもコメントありがとうございます♡

よ◯ち◯ん様の好きなバスルームでのエチはいかがでしたか?\(//∇//)\

私もちょっとチャンミンがエロ過ぎて皆さん引かないか心配しながら書いてましたσ(^_^;)

でも、あれは薬のせいですからね!^_−☆

あれから真面目にバ◯アグラのこと調べてみましたが、あんな風にはなりません(≧∇≦)飲んだだけでしたくなるような薬はないそうで〜〜す(≧∇≦)

あくまでもファンタジーってことで!(o^^o)


ビギのゲーム、本編は終わりましたが、この間のイベントはできませんでしたぁ〜〜(>_<) 小説書いてるとゲームがおろそかに…両立できません(T_T)

でも、あのゲーム、ゲイの先生はでてくるし、たまにユノの言動が腐ってたり、腐女子に餌撒いてますよ〜〜(≧∇≦)そこだけ読みたいです♡

Re: コメントありがとうございます♡

C◯i◯u様

いつもコメントありがとうございます♡

薬のせいとはいえ、エロ過ぎて引いてませんかー?大丈夫でしたか?

ユノは止まりません!(≧∇≦)2人とも絶倫すぎでした(≧∇≦)

しかし、チャンミン置いてヒチョルのもとへ…

しっかりお仕置きしてもらいます!^_−☆

Re: コメントありがとうございます♡

う◯こ様♡

いつもコメントありがとうございます♡

なかなか言わないチャンミンのエロい言葉の破壊力にユノ絶倫になっちゃいましたね(≧∇≦)いつもかな?(≧∇≦)

きっと読者の中には「ヒチョルナイス!もっと盛れ」って薬を盛ったことを喜んでくれてますかね?(≧∇≦)もちろん、それをおさめるのはユノだけですよ\(//∇//)\

あれだけしたのにユノ、ヒチョルのところに行っちゃいました。元気すぎです(≧∇≦)
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
129位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。