スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheering 〜moving on!〜 8

2016.07.06 00:05|Cheering 〜moving on!〜
※ R18な表現があります。苦手な方はご遠慮下さい。










C side










ふわふわと揺られて何だか気持ちよくて…


ユノの匂いがして安心する…


好きだな…やっぱりユノが好き…


ゆらゆらが無くなると今度は涼しくて気持ちいい…


何だか下の方までスースーする…


スースー、スースー気持ちいい…


そしてまたふわりふわりと雲の上を歩くみたいに歩いて止まった…


もっとこのままふわふわしていたいのに…と思った瞬間…








「わぁっ…何…あれ?…お風呂?」







いきなり頭からシャワーをかけられて目が覚めた…


いつの間にお風呂に?それも裸なんだけど!!







「シャンプーするから目つぶっとけよ?」







「ユッ…ユノ?やっ…何で??」







「いいから、動くなって!」







僕の背後から頭をガシガシと洗うユノ…


いきなりどうなってるの?


さっきまで公園にいたのに…


あ、もしかして僕…寝ちゃったのかな?


それでユノが見つけて連れてきてくれた?


ふわふわとユノの良い匂いがしたのはおぶってくれたんだ…


でも…何でお風呂に?吐いちゃったとか?


だったら申し訳なくて何も言えない…


目をつぶっちゃって見えないけどユノもきっと裸だ…


とにかくあそこを隠さなきゃと腕をクロスするように隠した…


きっともう全身見られちゃったんだろうけど…


小さい頃から裸なんて平気で見せ合ってたけど、今は滅茶苦茶恥ずかしい…


だってユノは僕のこと性的な対象で見てるから…それは僕だって同じだけど…


酔っ払っててぼーっとしちゃってユノのなすがままだ…


とにかく早く洗い終わって湯船に浸かりたいよ…








「身体も洗うからな?」







シャワーが止まったと思ったらいきなり肩から腕にかけてボディーソープをつけたユノの手がヌルンと滑り落ちて…







「ひゃっ…

タオルは?なんで素手なの?」







「この方が隅々までよく洗えるだろ?」







首や肩から腕、背中を洗うと今度は脇の下から手が出て来て胸から腹に大きく上下するように撫でるように洗われて…


胸を触られるたびにビクッと身体が勝手に反応してしまう…







「ここ…感じるの?」







そんな恥ずかしいこといいながら両方の胸の突起を弄られて…





「違うっ…感じないよっ…やめてよ…」





慌ててそう返したけど変な感覚がジワジワと腰にくる…


こんなところ弄ったことなんてないし、ましてや人に触られたことなんてない…


女の子じゃないんだから感じるわけないのに…






「じゃあ、感じるようになるまで毎日触ってやるからな?」






そう言って執拗に弄られて…







「ヤダ…んっ…」






そんなわけない…気持ち良くなんてなるわけないと思っているのに徐々に膨れ上がる下半身に戸惑った…


何だか怖い…自分の身体がわからない…


そう不安になりながらも気持ち良くなるのは止まらなくて…


わけのわからない切ない感情が湧きあがって泣きそうで…







「ユッ…ユノ…怖い…」







身体を捻り、後ろにいるユノの首に甘えるように腕を絡ませ抱きついた。


ユノはそんな僕の顎をクイっと掴み上げると優しくキスしてくれた…


しばらくキスしていたら不安が段々と薄らいでいくから不思議だ…






「大丈夫だよ、怖くないから。な?」






そう言ってヌルヌルと僕の背中をさすっていたユノの両手が段々下がってお尻を撫でる…







「チャンミンのお尻小さいな…

早くこの中にはいりてぇ…」







「やっ…むっ無理っ…」







やっぱり…何となくわかってはいたけど僕が受け入れる側…


怖い…


キュヒョンに『とにかく早くヤらせてやれよ。』とか『あいつのことが好きなら目をつぶって終わるまで耐えろ!』とか言われたけど僕には無理だよ…


風邪ひいた時に入れた坐薬だって怖くて気持ち悪くて嫌だったのにいくら好きでもそんなこと怖くてできそうもない…


また泣きそうになって抱きついた腕に力が入る…するとお尻から手が離れて…






「今日はしないよ。これで我慢するからさ…」







「ああっ…んっ…」







いきなり前を掴まれて声が出た瞬間後頭部をグッと押さえられてキスで口を塞がれた…







「んっ…んんっ…ふっ…っ…」







「声だすなよ?」







ユノが僕のを触ってる…


そっと優しく握った手がゆっくりと上下に動かされていやらしい音を立てている…


あぁ…駄目…そんなところ…


でも気持ちいい…


1人でする時とはまるで別物だ…


気持ち良すぎてさっきまでごちゃごちゃと考えていたことが霧の中に消えていくように真っ白になっていく…






「お前…なんて顔してんだよ…

これ以上煽るなよっ…ったく…」







どんな顔してるって言うの?


そんなの…ユノだってそんな切羽詰まったようないやらしい顔してるのに…







「ほら、こっちに座れよ。」







グッと腰を引き寄せられて座っていた椅子から床に座っているユノに跨るように向かい合わせで座らされると、合わさる2つの勃ち上がったものを一緒に握って抜き始めた…






「はぁっ…チャンミンっ…」






「あっ…あぁ…そんなの…ダメッ…」







胸に吸い付き硬くなった突起を舌で転がしながら勢い良く抜かれて…






「ユノッ…もっ…やめっ…あっ、やあああっ…」






ユノにしがみつきながらビクビクと身体を震わせて呆気なく白濁の液体を放った…






「チャンミンッ…あぁっ…チャミッ…くっ…」






ユノもその後すぐに激しく飛び散らせ、白濁した液体が僕の腹や胸にかかった。


はぁはぁと激しく息をするユノに僕は力なくクタッと凭れ掛かった…


脱力感と強い快感の余韻と同時にどうしようもない不安が押し寄せる…






「えっ?チャンミン?…泣いてるのか?」






鼻をすする音にユノが気がついてユノの肩に乗せた僕の顔を覗き込む…






「嫌だった?」






僕は頭を横にブンブン振った…






ユノとするのが嫌なんじゃない…


ただ…何だかいけないことをしてるような気持ちになって罪悪感で胸がいっぱいになったんだ…






「ユノ…お風呂…入りたい…」






「わかった。ちょっと待ってな?」






身体をシャワーで洗い流し、ふらつく身体を支えられて一緒に湯船に浸かった…


僕の背中側に入ったユノは後ろからそっと優しく抱きしめてくれて愛おしむように頬や首にチュッチュとキスされて何だか擽ったい…







「俺…今すげー幸せだよ…

やっと少し願いが叶ってさ…

チャンミンは何で泣いたんだ?

泣くほど気持ちよかったとか?」







「ちがっ…」







「ホント、チャンミン可愛すぎ…」







嬉しそうに幸せだなんて言ってくれてるユノに僕のこんなわけのわからない不安な気持ちを悟られたくなくて、僕はそのまま黙って抱きしめられていた…














ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメントありがとうございます

◯様

いつもコメントありがとうございます♡

ユノ、もう頭はチャンミンとイチャコラすることしか頭にないですよね(≧∇≦)
チャンミン、ユノについていくのが大変〜(≧∇≦)

2人で長々とお風呂に入っちゃったりして、おばさんはどう思ってるんでしょうね〜〜(≧∇≦)

昔から仲良し過ぎておばさんも麻痺してそう。笑

Re: コメントありがとうございます♡

よ◯ち◯ん様

いつもコメントありがとうございます♡

やっと少し前進です(o^^o)

ユノとチャンミンのそっちのモチベーションが違い過ぎて困っちゃいますね(≧∇≦)

しっかり準備してあげないと切れて血が出るみたいですよ〜(>_<)

考えただけで痛そうです〜(>_<) ユノ、ちゃんとしてあげてね〜〜♡

会社で私も小説の内容考えたりしてますよ(≧∇≦)すました顔して(≧∇≦)
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
129位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。