スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheering 〜覚めない夢〜 7

2016.12.09 00:18|Cheering 〜覚めない夢〜
※ R18な表現があります。苦手な方はご遠慮下さい。








ボングンに渡されたカードキーで部屋に入った…






「今日は土曜日だし急だったからこの部屋しか空いてなくてさ…」






さっき帰ってしまったと思ったらフロントで部屋の手配をしてくれていたみたいで…


エコノミータイプのダブルベッドルーム…


はっきりと返事は聞いていないけど、ここに泊まるってことがさっきの答えでいいんだよね?


この部屋で今夜ボングンと…







「俺、先にシャワー入るな?」







「うん…」







部屋に入るとすぐにボングンがバスルームに行ってしまった…


ソワソワと落ちつかなくてテレビをつけてみたけど内容なんて頭に全く入っていかない…


僕はさっきのボングンの言葉を思い出して心が震えていた…


ボングンも僕のことが好きだったなんて…


こんな奇跡みたいなこと本当にあるんだ…


なのに…奇跡を目の前に僕はボングンのことがずっと好きだったって言えなかった…


だって僕はもうすぐ結婚する…


それは絶対な決定事項で今更止めるなんて出来ない…


もし好きだなんて言ってしまったら今まで押し込めていた想いが溢れてもう止まらなくなってしまう…


僕さえ我慢すれば全てうまくいくってずっと気持ちを押し殺してきたんだ…


それなのにさっき好きって言われて抱きしめられたあの腕の中があまりにも幸せで心地よくて離れたくなくて…


酔った勢いもあって思わずあんなこと言ってしまった…


だってもう2度と会えないかもしれないから…


一夜だけでもボングンとの思い出が欲しくなったんだ…


こんなこと…好きって言ってくれたボングンに対して失礼だし、婚約者のチェリンさんにも酷いことしているってわかっているけど…


最初で最期の僕のわがまま…


神様…お願いです…今夜だけ目を瞑っていて下さい…


この思い出だけを胸に僕は生きていくから…













「ドンジュ、お前もシャワー入ってこいよ。」







バスローブで出てきたボングンは冷蔵庫からビールを取り出すと、ベッドのヘッドボードに枕を立てて寄りかかった。


テレビのチャンネルを変えるとスポーツニュースを見ながらビールを呷ってる…


僕と違ってこういうことに慣れてるからなのか、そんな余裕な態度のボングンを見て今まで付き合ってきた知らない相手に嫉妬した…


何人とこういうシュチュエーションになったことあるんだろう…


僕なんてキスもボングンとしかしたことないし、それ以上だってもちろん無い…


ボングンはいろんな人と付き合ったことがあるようなことを言ってたけど男の人とも経験あるのかな…


僕も…これからその大勢の人の中の一人になるんだ…


ボングンの気持ちに応えられない僕なんて特別になれる資格はないからその中の1人として少しでも僕とのことを覚えててくれたらそれでいいんだ…


そんなふうに自分に言い聞かせた…


全てを捨て去り心のままにボングンと共に生きて行きたいという心の奥底にある欲望に蓋をしてどうにか気持ちを切り替えようと必死だった。


ボングンとのこれからの行為への期待と罪悪感と、高揚感とそして絶望…


考えれば考えるほどにいろんな思いが混ざり合って感情のコントロールが難しくなっていく…


念入りに身体を洗い、髪を乾かしてボングンと同じようにバスローブを羽織ると急いでバスルームから出た…


もう何も考えたくない…早くボングンの腕の中で夢を見たかった…


今夜だけの僕の夢…


朝になったら覚めてしまう儚い夢を…















「お前も飲むか?」







「あ…うん…ありがとう…」







バスルームから出るとベッドの角にちょこんと座り、ボングンが冷蔵庫から出したビールを受け取った。


僕は完全にシラフになりたくなくて渡されたビールをゴクゴク飲むとボングンの方を直視できなくて手元の缶を見つめていた…







「酔いが覚めてきて帰りたくなったか?」








「えっ?」







向かいの椅子に座っているボングンを見ると少し困ったような顔をしていた…


帰りたくなったのはボングンなんじゃないかって不安になる…







「そんなことない…

ボングンこそ帰りたくなった?」







「んなわけないだろ…

俺はお前のことが好きだって言ったよな?

これがどういうことか本当にわかってるのか?」







「わっ…わかってるよっ…

僕の方から誘ったんだ。

今夜は…遊んでくれるんだよね?」







「はぁ…

遊ぶって…お前なぁ…」







ため息をついて飽きれたように頭を掻いた…


ダメだ…こんなんじゃ本当に帰っちゃうかもしれない…


焦った僕は立ち上がって持っていたビールの缶をボングンの座っている椅子の横のテーブルに置いた…


そして両肩に手を置いて屈むと薄く開いたその唇に口付けた…


僕なりに必死にチュッチュとボングンの口に吸い付いてみたけどボングンは全く動かずになすがままで…


ボングンの反応が無いことが悲しくて唇を離すと…







「ヘタクソだな…」







そう言われてじわっと涙が出そうになるのを堪えてると急に立ち上がったボングンが僕を抱きしめながらそっとベッドに押し倒した…






「お前…経験ないだろ?」







そう言って僕の顔を優しく撫でる…


組み敷くように真上にいるボングンの真剣な顔に鼓動が早くなって心臓がおかしくなりそうだ…







「震えながらキスなんかしやがって…

それでよく遊んでくれとか言えるよな…

結婚目前の奴がどういうつもりなんだ?」







「し…してみたいだけだよ…

結婚する前に一回くらい羽目外したくて…」







「ふーん…だったらその辺の女でもいいだろ?

何で俺なんだよ…」







「何でって…

なんとなくだよ…ボングンならいいかなって…

他に意味なんてない…」








「そーかよ…

だけどな、俺はドンジュのことは遊びでなんて抱けねーからな?」








「ん…」







指を絡ませるように繋いだ手を僕の頭の両サイドで押さえつけるように握られ、そっと降りて来た唇で口を塞がれた…


しばらく甘いキスが続き、頭がクラクラしてきたところで離されて…







「後悔するほど本気で抱いてやるから覚悟しな?」








そう言い放つとボングンはバスローブをバッと脱ぎ捨て、逞しいその身体が僕に重なり首筋からゆっくりキスをしながら胸まで降りていく…


中途半端にはだけたバスローブを脱がされ、胸の突起に吸い付かれた…







「なっ…なんでそんなとこ…胸なんて無いのに…」







「無くたって感じるだろ?」







「わかんなっ…やっ…恥ずかしいからっ…」







「何言ってんだよ。これからもっと恥ずかしいことするってのに…」







「んっ…あっ…」







ボングンの舌がコロコロと僕の突起を転がしているのがわかる…


ちゅうっと吸い付かれるたびに無意識に身体がビクビクと跳ねてしまう…


こんなところ弄ったことなんかないのに、ボングンにされてるって思うだけで変な気持ちになって…







「ほら、ちゃんと感じてんじゃん…」







「あ、、んっ…」







僕の下半身の盛り上がった部分を手で確かめると勢いよくパンツを脱がされた…






「やっぱり思った通りだ…

顔だけじゃ無くてどこもかしこも綺麗だな…」







「いやだっ…そんな開いちゃっ…」







僕の両膝を掴むとパカッと足を開いてジッと眺めている…







「こうしなきゃよく見えないだろ?」







「見なくていいって…」







「まだここ…誰にも触られたことないんだろ?」







「あっ…」







頷いた途端、突然立ち上がるそれを掴まれて身体をビクッと震わせた…







「まさかお前にこんなふうに触れられるなんてな…

ずっと無理だと諦めてたのに…夢みたいだ…」







「あっ、、んっ…」







夢みたいだなんて…それはこっちのセリフだよって言いたかったけど、そんなこと言えるはずもなくボングンの長い指で抜かれるそこに意識が持っていかれる…


初めて人に触られた…それもずっと好きだった人にに…


自分でするのとは比べ物にならないほど気持ちいい…


だけど駄目だ…僕ばっかり気持ちいいなんて…







「やっ…僕ばっかり…

はぁっ…はぁっ…ボングンのもっ…」







そう言って手を伸ばし起き上がろうとしても肩をグッと押されてまたベッドに組み敷かれ…







「俺はいいから…感じてろって…」







そう言うと早く手を動かして…








「やああっ…ダメッ…ダメッ…そんな早くしちゃっ…やっ…やだっ…」







「何でだよ…気持ちいいだろ?」







「やっ…だっ…だってっ…終わっちゃうっ…からっ…」







僕は無意識にボングンにギュッとしがみついていた。


強く抱きついたせいでボングンの手も止まってホッとした…


凄く気持ち良くて本当はあのままイッてしまいたかったけど、そうしたらもう夢から覚めてしまいそうで…


まだ終わりたくない…


ずっとボングンに触れていたい…


だけどすぐに身体をずらされてまた手が動き出して…







「やぁっ…あっ…あああーーーっっ…」







堪えきれずボングンの手に出してしまった…







「気持ちよかったか?」







余韻でボーッと意識がボヤけながら頷いた。


僕から離れて行こうとするボングンの腕を掴んで…







「ボングン…まだ行かないで…

次は僕がするから…だから帰らないで?」







「何行ってんだよ。これからだってのに帰るわけないだろ?」







「えっ?…あっ…なっ…何っ?」







僕をうつ伏せに寝かせると腰を掴んで高く持ち上げた。






「高校生じゃあるまいし、抜き合うだけなわけねーだろ?」







「ひゃっ!つ…冷たいっ!」







お尻に液体のようなドロドロとしたものがかけられて驚いた。







「あっ…悪い…冷たかったか?

初めてはこれがないとつらいからな?

さっき買って来たんだよ。」








「な…何するの?」








「何って…ここに俺のを入れるんだよ。」








「あっ…」







ヌルヌルとボングンの指がお尻の溝をなぞる…








「ダメッ…そんなとこ…汚いからっ…」







まさかボングンがそこまでしようと考えてたなんて思ってなかった…


男同士はそこを使うってことはなんとなく知ってたけど、みんながみんなそれをするわけじゃないって聞いていたから…


急に怖くなって身体が強張った…



そんな僕の姿を見てボングンの手が止まる…








「なんだ…

もしかしてそこまでするつもりなかったとか?

だったらもう終わりにするか?」








『終わりにする…』


その言葉に焦って首をぶんぶん横に振った。








「本当にいいのか?

結構キツイぞ?」








「いいから…続けて…

ボングンのしたいようにしていいから…」







「そんなこと言って、あとで後悔すんなよ?」







後悔なんかしない…


それにしたっていいんだ。


ボングンのこと…何でもいいから覚えていたいから…


僕は覚悟を決めてボングンに身体を開いた…
















ご訪問、ありがとうございます!

ランキングに参加しています!
私のヤル気スイッチの写真を
We are T ! ポチ !っとクリック
お願いします♡⬇︎
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
129位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。