FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reboot 6

2018.02.11 09:28|Reboot
Reboot 6











それからチャンミンは試用期間を終えて無事にバイトとして雇われ毎日ヒチョルの店で働いていた


俺は日雇いだけどヒチョルの知り合いが経営する土木会社の現場仕事をしていた


「お前ならホストで軽くNo.1になれるのにもったいない」とヒチョルに言われたが将来教師に復帰する時にそんな職歴があるなんて絶対にダメだしそれに俺には女はよくわからない生き物過ぎて到底無理だ


ヒチョルから紹介してもらった土木会社は訳ありの奴らばかりが集まってる場所だからテファンが何を言ってこようと関係ない


要は力仕事が出来れば誰でも歓迎だった


朝早くから夕方まで働き、チャンミンより一足先に家に帰る俺はご飯を作って家で待っているという生活が2ヶ月ほど続いていた…


あれだけこだわっていた教師への執着も今はチャンミンとの暮らしを優先することで自分の中で折り合いをつけることができていた


チャンミンはますます俺を慕ってくれて、俺もそんなチャンミンが可愛くて仕方なかった


その可愛いと思う気持ちがすでに恋愛感情に変わってしまっていたことを自分では認めたくなかった


あくまでも今の俺の立場は保護者だ


チャンミンもきっとそんなふうに思ってるはずだ


何の疑いもなく慕ってくれているチャンミンを変な目で見ているなんて酷い裏切り行為になる


それに、この気持ちを認めてしまったらもう抑えが効かないほどのめり込んでしまうだろう…


そのくらいチャンミンの魅力は他にはないものがあった…









「ユノさん、おかえりなさい」







「あれ? チャンミン、今日は早いな?

店はどうした?」







「あ… あのね… ヒチョルさんが今日は早く帰れって…

それでこれ、ユノさんに渡して欲しいって…」







そう言って冷蔵庫から出してきたはケーキの箱…







「ああ… だからか」







「これ、ケーキだって…」






「チャンミン、ケーキ好きか?」






「うん!」







「開けていいよ」






チャンミンがケーキをテーブルに置くと嬉しそうに箱を開けた






「ユノさん、今日お誕生日?!」







丸いホールケーキにはこの歳では恥ずかしいくらいにデカデカと「ユンホ 25歳 誕生日おめでとう☆」とプレートに書かれていた







「そうなんだ。だから多分ヒチョルが気を利かせて早く帰らせたんだろ」







「お誕生日… プレゼントない…

ごめんなさい… 僕知らなくて…」







「そんなのはいいよ

それより、何か作ってるのか?」







台所には玉ねぎやニンジンをみじん切りにしているのが見えた






「えっと… ハンバーグを作ろうと思ったんだけど…」






「へぇ… チャンミンが料理してくれるの初めてだな?

嬉しいよ」







「それが…」







チャンミンは俯いてボソボソと何か言っている







「ん? 何だ? 聞こえないよ?」







「僕… 施設で料理も手伝ってたし、ハンバーグは得意だったんだけど…

だけど… どうやってやるのか忘れちゃって…

どうしてもわからなくて…」






最近、チャンミンは記憶が飛ぶことがある…


昨日できたことが今日はできなかったり、できないと思っていたものが急にできたり…


驚いたのは数字に強いということだ


ヒチョルから聞いた話では、売上票を一瞬見ただけでその数字を全て覚えていたり、大人数で複数注文している伝票を僅か数秒で計算できると…


でもそれもできない日は全くできない…


チャンミンの脳の中で何かが起きている…


一度病院に連れて行った方がいいと思いながらもチャンミンは未成年だ… 親族でもない俺が連れて行ったら不審がられて役所に通報されてしまうかもしれない…


そう思うとなかなか連れて行く決心がつかなかった


それにこの症状は昔からなのかもしれないし…


とりあえずはドンソクを待つしかないが連絡はまだない…


たまにアパートに行ってみても帰って来た気配もなく、家賃は前払いで払われているらしくそのままの状態だ…


正直、ドンソクに帰ってきて欲しくはないがチャンミンのことが心配だった…








「そうか、じゃあハンバーグ一緒に作ろうか?」







「うん!作る!」







「先にシャワー浴びてくるからちょっと待ってなよ?」






そう言って急いでシャワーを浴びていると微かにインターフォンが鳴る音が聞こえた


こんな時間に誰だろうか?


バタバタと音がしてチャンミンが対応しているような気配に心配になり急いで身体を拭いて着替えた







「ユッユノさんっ!」







案の定困ったようなチャンミンの声に玄関に行くと…







「ユノ! 誕生日おめでとう!」







そこにはテファンが花束を持って笑顔で立っていた…















※※※※※ ※※※※※ ※※※※※ ※※※※※

遅くなりましたが…

ユノ、誕生日おめでとう(((o(*゚▽゚*)o)))♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: コメントありがとうございます♡

う◯こ様

ゆ◯ちゃん、コメントありがとうございます♡

やっと始まったのに暗ーい内容…
チャンミンは天使なんだけど周りの環境悪すぎ〜笑
でももうユノに出会えたから大丈夫♡

でもテファンとかドンソクとかいろいろ邪魔してくるよ。笑

Re: コメントありがとうございます♡

秘◯様

いつもコメントありがとうございます♡

今回のチャンミン、いろいろ過酷!
でもチャンミンは本当は凄い子なんですよ〜♡

Re: コメントありがとうございます♡

よ◯ち◯様

いつもコメントありがとうございます♡

年の差ホミン、可愛いチャミ大好物なんですよ♡
でも最近のチャンミンは本当に大人になったなぁ〜
頼もしいなぁ〜って思いますよね
ユノにもチャンミンは年上に感じることがあるみたいなこと言われてましたよね。笑

でも妄想は可愛いチャンミンが止まりません。笑

今回は簡単にくっつくようでなかなかの焦らしプレイになりそうです。笑

10年後のチャンミン…きっと素晴らしいお父さんになれそうですが切ないですよね…(T ^ T)
でも考え方が素晴らしいですね!


日産、4人エントリーできて良かったですよね〜
私は3日間エントリーしたので当たったら金曜日是非お会いしたいです♡

いつも更新もコメ返もおまたせしてごめんなさい(>_<)

Re: コメントありがとうございます♡

K様

いつもコメントありがとうございます♡

テファンは邪魔するし、チャンミンの体調は不安定、ユノはチャンミンをますます好きになっちゃうし、ドンソク来たらどうなる?チャンミンの気持ちはいかに…

まだまだ書くこと沢山〜 なかなか更新できずにごめんなさいm(_ _)m
でも、楽しみにして下さって嬉しいです
いつもコメント本当にありがとうございます♡
非公開コメント

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
143位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。