FC2ブログ

Reboot 30

2019.06.12 00:00|Reboot
Reboot 30









〜テファン side〜










「早かったじゃない〜

やだ〜〜可愛い! その子がチャンミン?

入って、入って〜〜」







ドアを開けたのはセジュ

以前、僕の行きつけのゲイバーでバーテンのバイトしていた一回り年上のオネエだ








「セジュさん、もう準備できてるの?」








「だいたい終わったわ。

それより、見て見て!今日の子たち、みんな若くてカッコいいのよ」







セジュはチャンミンの腕を組みながら奥のリビングへと連れていった


広いリビングの真ん中に大きなベッドが置いてある


そしてその周りにはカメラ、証明、いろんな機材に数人のスタッフ…


そう… 今日はここでゲイ向けのAV撮影があるんだ


セジュは数年前にAV監督になったばかりなのに作品の評判が良くてこの世界ではちょっとした有名なAV監督だ


チャンミンはまだ何が何だかんだわからないという感じでセジュの勢いに押されて呆然としている


さらに連れていかれた奥の部屋は控え室のようになっていて、そこに今日の男優が3人ほど待機していた






「紹介するわね、バリタチのソジュ君とドユン君、

こっちがネコちゃんのジフ君よ」








「へえ… なかなかいいじゃん

いつもはイカツイおっさんが混じってたりするのに、今日はやけに若いカッコイイ子を揃えたね」






「今日の作品はね、いつものゲイ向けなだけじゃなくて腐女子でも観られるAVをコンセプトに綺麗で可愛いを前面に押し出した作品にしたいのよ!

だからできるだけ王子的イケメンを揃えたのよ〜〜」






「なんだかよくわからないけど凄そうだね…」






「だけどなかなかこれっていうネコちゃんがいなくてね〜 中世的なカッコいいけど可愛いって子が欲しかったのよ〜

チャンミンはもう理想的な子だわっ!」






それを聞いたジフがチャンミンを睨むようにジロジロ見ながら






「でもさその子、こういう経験あるの?ちゃんとできる?

本当なら僕今日2本撮りの予定だったのにさ…

その子のせいで一本に減らされちゃったんだけど!」






ああ… だからこいつさっきから不満そうな顔してんだ







「ジフ君、ごめんね〜

もちろんジフ君も最高に可愛いんだけどね

テファンが凄い可愛い子連れてくるって言うからついついOKって即答しちゃって…

またすぐ次の仕事回すから、ね?」






セジュがジフをなだめている後ろでいつのまにかチャンミンがソジュとドユンの2人に話しかけられていた







「チャンミン… だっけ?本当に可愛いね

君の相手役のソジュだよ、よろしく」







「ソジュ、いいなぁ〜

俺と代わってくれよ」







「やだね、ドユンはジフがいいってさっき言うから俺がチャンミンの相手役になったんだろ?」






「そうだけどさぁ〜

まさかこんな可愛い子が来るとは思わなかったんだよ〜

ね、チャンミンもソジュより俺と組みたいよな?」






そういってドユンがチャンミンの肩に手を置くとビクッと身体を震わせた






「あの… 僕… ここで何をするんですか?」






「何って…

AV撮影だよ。チャンミンは男優として出てもらうんだけど…」






「AV撮影…って何ですか? 男優って?」






「え… 本当に何も聞いてないの?」






「僕… テファンさんに良いお仕事紹介してくれるって言われて…

その男優ってお仕事って何をするんですか?」







「ソジュ… 何かまずくないか?」







「ああ… まずいよ…

ちょっと! 監督!

この子、今日ここで何するか聞かされてないみたいですよ!」







「ええっ!

テファン、どういうこと?」






みんなが僕を一斉に見た






「説明するの面倒だったからさ、

現場を見ればわかるだろうと思って言わなかっただけだよ」






「見ても全然分かってないみたいだけど」






相手役のソジュが俺を責めるような口ぶりでそう言った


面倒だな… AVとか知らないってなんなの?


売りとかやってたくせに







「いい?チャンミン

ここでこの相手役のソジュとセックスするんだよ

それを撮影して映像を売るの

売りをやっていたチャンミンなら簡単でしょ?」







「… 撮影して売る?」







「そう、チャンミンがヤッてるところを世の中のみんなに観てもらうんだよ、わかった?」







チャンミンの顔がサーッと青くなるのがわかった


やっと理解したか…


セジュがそっとチャンミンの手を握って…







「テファン、この子震えてるじゃない…

うちはこれでもちゃんとした会社なんだから無理やりとかはやらないわよ…」







「もちろん、やるかやらないかはチャンミンが決めればいいし

でもきっと断らないと思うけど」






「チャンミン、テファンに何言われたか知らないけど、嫌ならやらなくてもいいのよ?」







「… 監督さん… この仕事ってお金… たくさん貰えるんですよね?」







「え?… まあ… そうね… ちゃんとできたらもちろんたくさんあげるけど…

でもよく考えて、一旦世の中に出まわっちゃったら取り消すことはできないのよ?

親とか、友達とか、恋人とかにも観られるかもしれないんだから…」







「…………」







チャンミンは黙り込んでしまった


ユノのためとか言ってたけど、所詮チャンミンのユノへの気持ちなんてこんなもんだったか


何だ… つまらない…







「監督、もう予定通り僕の2本撮りでいいじゃん!

まだ始まってもいないのに震えてるような子使えないでしょ?」






ジフがチャンミンの沈黙に痺れを切らしてそう言うと…







「…僕… やります… 」







「でも… 本当にいいの?」







「はい… 監督さん、お願いします…」







結局やるんだ… そんなにユノが好き?


だけどこんな形でユノを助けても捨てられるだけだよ?


何も無かったように付き合えると思ってるの?


思惑通りに事が運んだと言うのに何かイライラする…


何でこんなにスッキリしないんだ?







「じゃあ、とりあえずドユンとジフは撮影の準備して!リハ始めるよ

ソジュとチャンミンは2人の後に撮影だからソジュ、チャンミンに今日の台本見せて流れを軽く教えててくれる?」







「はい、分かりました

チャンミン、向こうの控え室に行こうか?」







「はい…」







チャンミンとソジュが2人で控え室に入って行った



さて… 僕は車で待機してようか


チャンミンがヤッてる姿なんて見てたくないし


全てが終わってこの車に戻って来た時、チャンミンは身体で稼いだお金を持ってどんな顔してユノに会いに行くんだろうね


そしてユノはそれにどう答えるのか…













※ 続きが気になる〜!早く書いてよっ!って方は写真をポチっとお願いします(^^)

読んだよ!の足跡として拍手のポチもして頂けたら嬉しいです♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:二次創作(BL)
ジャンル:小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チャンミンやめて~😭
テファンぶっ飛ばす😤👊
非公開コメント

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

こんにちは!Monakoと申します。 東方神起のユノ、チャンミンが大好きです。 好きってだけで始めた妄想小説ですので、文章が至らないところが多々あると思いますが、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。 BLなR18も出てきますので、苦手な方はご遠慮くださいね☆彡 主人公は不死身、ハッピーエンド主義、ホミンラブです♡

Monako

Author:Monako
FC2ブログへようこそ!

ブログ村ランキング

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR